試食

うどんの既成概念を打ち破った感がある「アボカドとサーモンのサラダうどん」をはなまるうどんで食べてきました


はなまるうどんが3月24日(火)から「洋食屋さんのサラダ」をコンセプトにした「アボカドとサーモンのサラダうどん」を販売しています。レタス・にんじん・かぼちゃ・大根・パプリカなどの野菜がたっぷり入っており、本格的なサラダの味わいと讃岐うどんの食感が楽しめるメニューになっているとのことなので、お店に行ってきました。

春の新メニュー①~「アボカドとサーモンのサラダうどん」、3月24日(火)より販売~
http://www.hanamaruudon.com/news/2015.html#news05

はなまるうどんに到着。今回訪れた店舗は親会社の「吉野家」とのコラボ店舗になっていました。


お店の前でも新商品をアピール


ランチタイムには多くの人がお店を訪れていました。


注文レーンにも「アボカドとサーモンのサラダうどん」を発見。数十種類のスパイスやハーブを混ぜた「クリーミーハーブドレッシング」と「21品目野菜すりおろしドレッシング」を選ぶことができますが、今回はクリーミーハーブドレッシングを選んでアボカドとサーモンのサラダうどんを注文してみます。


注文レーンでうどんを受け取り、お金を払ってテーブル席へ。使われているお皿は平たく、普通のうどんとは違う雰囲気です。


サーモンにはたっぷりクリーミーハーブドレッシングがかかっていました。


アボカドも野菜の上にのっており、赤いパプリカの色合いもいい感じ。


素揚げしたかぼちゃがたっぷりのっていてカラフル。


レタス・にんじん・大根などの野菜もたっぷり。


うどんのタレや麺は野菜の下に隠れていました。


まずはサーモンから食べてみると、コクや旨味がたっぷり詰まっており、バジルやオレガノの香りが微かに感じられるクリーミーハーブドレッシングとの相性が抜群。スパイスの香りは感じられるものの、辛味が強烈に効いているわけではないので「スパイスが効いたメニューはちょっと……」という人でも食べられそう。


アボカドとサーモンとの相性も抜群で「ここは本当にうどん店?」と疑いたくなるような味ですが、「洋食屋さんのサラダ」というコンセプトは十分伝わってきます。


クリーミーハーブドレッシングが見た目よりもあっさりしているので、野菜がどんどん食べられます。サラダは全部で70グラムなので、かなりの量の野菜を一食で摂取できます。


冷たく締められたうどんはモチモチした食感で、野菜のシャキシャキした食感との相性もいい感じ。うどんにはしょうゆベースのだしの味が付いていますが、ドレッシングがかかっていても味が濃くなりすぎることはなくバランスが取れていました。


かぼちゃの素揚げは甘味が感じられちょっとしたアクセントになっています。小が税込550円、中が税込650円となっていますが、野菜もたっぷり入っていたので決して高く感じませんでした。


アボカドとサーモンのサラダうどんは小が税込550円、中が税込650円で期間限定での販売。これからの温かくなる季節にぴったりなメニューと言えそうです。

・関連記事
うどんの神髄を知るべく香川県の食べログ上位5軒を食べ歩いてみました - GIGAZINE

ガラスビンに入れるだけで想像以上のごちそうができる「ジャーサラダ」レシピ本でいろいろ作ってみました - GIGAZINE

ポテトサラダへの出資を募集したところKickstarterで目標額の3000倍以上が集まる - GIGAZINE

ポテトサラダのイメージを覆す新感覚の一品が食べられる「Potato Cream」 - GIGAZINE

フレッシュネス新ランチセットのかなり変わった素材満載サラダを食べてきました - GIGAZINE

野菜をカップに入れてシャカシャカふってサラダを作るエバラ「お野菜シェイク」を試してみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log