ワンコインでモリモリ野菜が摂取できる新作ヘルシーうどん4種をはなまるうどんで食べてきた


「おいしく食べてキレイになる」をテーマに、美容と健康を意識した野菜モリモリのヘルシーメニュー4種が「おいしく食べてキレイになるメニュー第二弾」としてはなまるうどんに新登場しました。カロリーが気になる人に最適な低カロリーながらも食べ応えバッチリな3種のうどんと、糖質制限ダイエットをしている人にぴったりな糖質0g麺を使用した1日20食限定のメニューが登場しているとのことだったので、さっそくはなまるうどんで食べてきました。

おいしく食べてキレイになるメニュー第二弾 4月14日(木)発売開始! | はなまるうどん
http://www.hanamaruudon.com/news/2016.html#news06

さっそくはなまるうどんにやってきました。


お店の外では「おいしく食べてキレイになるメニュー第二弾」が宣伝されています。なお、おいしく食べてキレイになるメニューの第一弾はベジスープうどん&塩麹根菜スープうどんで、うどんをはるさめに変更できるようになっていました。


店内に入ってさっそくお目当てのメニューを注文。左奥が「塩麹入り塩豚レモンサラダうどん」、右奥が「食べる美容8品目入りサラダ麺」、左手前が「コクうまサラダうどん」、右手前が「温玉シーザーサラダうどん」です。4種の中で「食べる美容8品目入りサラダ麺」のみ1日20食限定のメニューで、麺には糖質0g麺が使用されており、提供サイズも小のみです。他3種はうどんのサイズを小と中から選ぶこと可能で、ドレッシングも「焙煎胡麻」「生姜と玉葱」「シーザードレッシング」の3種類から選べ、さらには+100円で野菜を増量することも可能です。


うどんは全て「食べる美容8品目入りサラダ麺」と同じ小サイズを注文。器のサイズはiPhone 6/6sと同じくらいですが……


深さがあるので、小サイズをうたいながらも意外と食べ応えがあります。


これは3種の新作うどんの中でも最もオーソドックスな「コクうまサラダうどん(小:税込430円、中:税込530円)」。小サイズはうどん1玉で、その上にうどんがほぼ完全に隠れるくらいに大量の野菜が盛り付けられています。


うどんの下に溜っている濃いめの茶色いつゆは「コクうまサラダうどん」「塩麹入り塩豚レモンサラダうどん」「温玉シーザーサラダうどん」「食べる美容8品目入りサラダ麺」の4種全てで使用されているベースのつゆですが……


たっぷり野菜の上からかけられたドレッシングは「焙煎胡麻」「生姜と玉葱」「シーザードレッシング」の3種類から自由に選べます。なお、「コクうまサラダうどん」には焙煎胡麻を選択しました。


とにかく想像以上にたっぷりの野菜が盛られています。レタス・ニンジン・大根・パプリカが新作4種に共通でトッピングされており、「コクうまサラダうどん」には他にオクラと揚げカボチャもトッピングされています。


というわけで実際に食べてみます。かなりたっぷりの野菜が盛られているので、食べ応えは非常にあっさりしておりサラダを食べているかのよう。それでいて、うどんはコシがあってしっかり食べ応えもあります。全体の味わいはドレッシングに選択した焙煎胡麻の風味が強めですが、トッピングされている揚げたカボチャが良いアクセントになっており、全体に風味と脂の旨みをプラスしてくれます。野菜のシャキシャキ食感とオクラのねばねばが楽しめることもあって、いかにもヘルシーなうどんです。なお、小サイズでカロリーは379kcal程度です。


また、味としてはほとんど感じられなかったものの、鶏ささみもトッピングされています。


続いて「塩麹入り塩豚レモンサラダうどん(小:税込500円、中:税込600円)」を食べます。ベースのつゆや野菜は「コクうまサラダうどん」と同じですが、オクラや揚げカボチャ、鶏ささみの代わりに塩麹入り塩豚とレモンがトッピングされています。なお、ドレッシングには生姜と玉葱を選びました。


実際に食べてみると、たっぷりトッピングされた塩麹入り塩豚がガツンと口の中いっぱいに広がり、「コクうまサラダうどん」にはないお肉の旨みをぜいたくに感じられます。ドレッシングの生姜と玉葱は野菜&塩麹入り塩豚に良く合っていましたが、焙煎胡麻ほどのパンチはありません。もちろん、普通のうどんと比べると野菜がたっぷり食べられるので、「健康にも気を遣いたいけど、やっぱりお肉が大好き!」という場合は間違いなくこれ。


「温玉シーザーサラダうどん(小:税込430円、中:税込530円)」はたっぷりの野菜の上に温泉卵とチーズをトッピングしたもので、ドレッシングにはシーザーサラダドレッシングを選んでいます。


温泉卵を割ると黄身がとろり。


食べてみると、チーズのコクと揚げカボチャの旨みがとても効いており、さっぱりだけどコクのあるヘルシーうどんといった感じ。ただし、チーズや揚げカボチャがほとんどかかっていない部分を食べると、驚くほどあっさりした味にパンチのないサラダうどんになってしまうので注意。


そして最後に食べるのは「食べる美容8品目入りサラダ麺(税込580円)」。1日20食、ワンサイズのみでの提供で、ドレッシングは「アスタキサンチン入りバルサミコ酢ドレッシング」です。


トッピングされている具材は「コクうまサラダうどん」と同じでレタス・ニンジン・大根・パプリカ・オクラ・鶏ささみ・揚げカボチャ。


その他、揚げゴボウもトッピングされていました。


少し毒々しいくらいの真っ赤なオイルが「アスタキサンチン入りバルサミコ酢ドレッシング」。うどんよりもはるかに薄くてひらひらした麺が糖質0g麺です。


というわけで食べてみると、糖質0g麺はほとんど食感・味がなく、うどんを食べた後だとかなり味気なく感じます。アスタキサンチン入りバルサミコ酢ドレッシングも、うどん3種にトッピングするドレッシングよりもパンチが効いていない印象。味では明らかにうどん3種の方が上なのですが、食べる美容8品目入りサラダ麺はなんとドレッシングを含めても203kcalという超低カロリーメニューで、糖質0g麺を使用しているので糖質制限を行っている最中でも気軽に食べられるというのがポイントです。


なお、「コクうまサラダうどん」「塩麹入り塩豚レモンサラダうどん」「温玉シーザーサラダうどん」の3種もカロリーが355kcal~458kcalに抑えられているので、全体的に体調管理にうれしいメニューとなっています。

・関連記事
日本一太い?極太うどんがたった2本だけ入った「名物たわらやうどん」を食べてきた - GIGAZINE

前代未聞のハンバーグを天ぷらにしてしまったてんやの「Wハンバーグ天丼」を食べてきた - GIGAZINE

サッパリ風味の冷麺に蒸し鶏&野菜をたっぷり加えたミスタードーナツ「五種野菜涼風つけ麺」「胡麻豆乳涼風麺」試食レビュー - GIGAZINE

鶏肉がピリ辛カレーに入った「ごろごろチキンカレー」を松屋で食べてきた - GIGAZINE

日本の洋食発祥の地・長崎&天草の旬の食材を使ったロイヤルホストのお値打ち洋食「長崎・天草 食散歩」メニューを一足先に食べてきた - GIGAZINE

「これでもか!」というほどのあさりがうどんを埋め尽くす丸亀製麺の「春のあさりうどん」「あさりバターうどん」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logu_ii