先史時代の人類は「動物の骨髄」を保存食にしていた

by Dr.Ruth Blasco/AFTAU

先史時代の人類は農耕が開始される以前、動植物の狩猟や採集を食生活の基盤とする狩猟採集社会を営んでいました。そんな先史時代の人々にとっては動物の骨髄も重要な栄養源であったことが知られていますが、先史時代の人々は動物の骨を保存容器代わりにして、骨髄を保存食としていたとする研究結果が発表されました。

Bone marrow storage and delayed consumption at Middle Pleistocene Qesem Cave, Israel (420 to 200 ka) | Science Advances
https://advances.sciencemag.org/content/5/10/eaav9822

Study finds prehistoric humans ate bone marrow like canned soup 400,000 years ago
https://phys.org/news/2019-10-prehistoric-humans-ate-bone-marrow.html

イスラエルのテルアビブ近郊にあるケセム洞窟は、初期の人類が40万年前~20万年前に居住していた洞窟として知られています。スペインの研究者と共同で洞窟の調査を行っているテルアビブ大学の研究チームは、ケセム洞窟に残されている、動物の骨髄を食物として消費した痕跡に着目しました。

研究チームのRan Barkai教授は、「骨髄は重要な栄養源であり、先史時代の食生活において長らく注目されてきました」と指摘。これまでの研究では先史時代の人々が動物を狩った際、肉や脂肪だけでなく骨を割った中にある骨髄も消費していた証拠が発見されています。

ケセム洞窟の中にも動物の骨髄を消費した痕跡が残されていましたが、骨髄を食べるために割られた動物の骨を分析したところ、狩猟されてからかなりの時間が経過した後で割られたとみられる骨があったとのこと。研究に参加したロビラ・イ・ビルジリ大学Jordi Rosell教授は、「私たちは洞窟内で発見された鹿の骨の中に、骨髄を食べるために骨を割った時の痕跡が、新鮮な皮膚を剥がして骨を割った場合と一致しないものがあることを発見しました」と述べました。

by derRenner

研究チームは当時から一般的な食料であったダマジカの足の骨を用いて、実際にさまざまな条件で骨を保存し、中の骨髄に含まれる栄養素がどれほど保たれるのかを科学的に分析しました。考古学的な証拠も含めて行われた実験により、骨の中の骨髄は最大で9週間もの期間にわたり、栄養を保った状態で保存できることが判明したとのこと。

先史時代の人々は骨髄をできるだけ長く保存するため、骨に皮がついたままの状態で洞窟内に保管していたと研究チームは主張しています。テルアビブ大学のRuth Blasco博士は、「私たちは骨を皮とともに保存することにより、数週間にわたり骨髄を保存できることを発見しました。初期の人類は必要な時に骨を割り、栄養価の高い骨髄を食べることが可能でした」と述べました。

by Dr.Ruth Blasco/AFTAU

今回発見された骨髄の保存方法では、骨と皮が骨髄を長期間保存するための「缶」に似た役割を果たしているとBarkai教授は強調しています。これまで、農耕を行っていなかった時代の人類は、ゲットした食料をその日のうちに消費し、次の食料が得られるまでは空腹に耐えていたと考えられていました。今回の骨髄が狩猟から時間を空けて消費されていたという発見は、先史時代の人々の生活に新たな洞察を与えるものです。

研究チームのAvi Gopher教授は、「ケセム洞窟に42万年前~20万年前に住んでいた先史時代の人々が、特定の条件下で動物の骨を保存することが可能なレベルまで洗練された知能と才能を持っていたことが、私たちの研究によって初めて示されました」とコメントしました。

調査によると、今回の発見は食品の保存に関する最初期の証拠といえるとのこと。ケセム洞窟では30万年以上前の人類が使用した炉も発見されており、この地域に住む人々が高い知性を持っていたことがうかがえます。この理由についてBarkai教授は、「以前の主要な食料源だったゾウが捕獲できなくなったことにより、新しい生き方を発明するしかなかったのではないかと考えています」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
1万4400年前には既にパンが焼かれていたことが明らかに - GIGAZINE

人間は「牛乳を飲むとお腹を下してしまう」時代から牛乳を愛していたという証拠が見つかる - GIGAZINE

なぜカニバリズム(食人)を行う人がいるのか? - GIGAZINE

有史以前のヒトは現代を生きる私たちとどう違ったのか?人間の起源を解説したアニメーションムービー - GIGAZINE

脂肪と炭水化物の組み合わせが人間を引きつけるのは脳の報酬系を刺激するため - GIGAZINE

人間は夜の闇の中で何をして過ごしてきたのか?という歴史 - GIGAZINE

「凍った人糞のナイフで肉を切っていた」というイヌイットの伝説を実際に人類学者が検証 - GIGAZINE

5000年前の共同墓地から「社会階層のないコミュニティ」が存在した痕跡が見つかる - GIGAZINE

in サイエンス,   , Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.