レビュー

初音ミクが画面に書いた文字に合わせて歌ってくれる「おとひら」レビュー


初音ミクが入力したひらがなに、自動でメロディをつけて歌ってくれる「おとひら」は、メロディを作る必要なく、文字だけを入力すれば自動で初音ミクが歌ってくれるウェブアプリです。初音ミクに自分の名前で歌を作ってもらうことも可能だったので、実際に使ってみました。

おとひら
https://aidn.jp/otohira/

試しに「ぎがじん」と入力して歌ってもらった様子は以下のムービーで確認できます。

初音ミクに「おとひら」で「ぎがじん」を歌ってもらった - YouTube


URLにアクセスすると以下のページが表示されるので、画面のどこかをタップしてスタート。


画面にひらがなを書きます。試しに「あ」を書くと……


「あ」という言葉をリズムにのせて初音ミクが歌ってくれます。


大きめに文字を書いたり、中央から外れたところに書いても文字が認識されます。


複数の文字を一度に入力することはできませんが……


「ふぁ」や「きゃ」といった拗音などは入力できます。


初音ミクが歌っている途中で文字を追加できるので、一文字ずつ文字を足して単語や文章を歌ってもらうことも可能。


URLの後ろに#をつけて、歌ってもらいたい文字を入力して更新すると、一文字ずつ入力することなく任意の文字を歌わせることができます。


右上の丸い記号をタップするとメニューが開きます。


作った音楽をTwitterやFacebookで共有することが可能。赤枠部分の「<」をタップすると、作成した音楽をリセットしてトップ画面に戻ります。


不特定多数の人と同時に遊ぶことができるマルチプレイ版もあり、以下のURLからアクセスして遊ぶことができます。

おとひら マルチプレイ
https://aidn.jp/otohira_multi/


基本的な操作方法はシングルプレイの場合と同じで、左上に表示されている縦棒が同時に接続している人の数を表しています。以下の画面では3名が同時に接続しており、プレイヤー名などは表示されません。


URLの末尾に、「#12345」という風に、#と5桁以内の数を入力すると部屋を指定することができるので、友達同士で遊ぶこともできます。記事作成時点では、1部屋あたり最大10人まで同時プレイが可能で、他の人に接続されないようパスワードを設定するといった機能はありませんでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
初音ミクが目の前で踊っているようにしか見えない疑似ホログラム技術を開発した猛者が登場 - GIGAZINE

ディープラーニングでリアルタイムに声をボカロのものに変換する試み - GIGAZINE

「おはよう」から「おやすみ」までサポートしてくれる初音ミクを自作した人が登場 - GIGAZINE

初音ミクと会話ができるAlexaスキル「Hey MIKU!」をAmazon Echoで試してみた - GIGAZINE

ボカロ曲動画をつなげて星座のように可視化して表示してくれる「Songrium」がかなり強力 - GIGAZINE

in レビュー,   ウェブアプリ,   動画, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.