試食

プリップリのタコや厚切りアボカドがゴロゴロ入ったドミノ・ピザ「クワトロ・カラフルサマー」を食べてみた


ドミノ・ピザから4種のピザを1度に楽しめる「クワトロ・カラフルサマー」が2019年7月8日から登場しています。なめらかにとろける厚切りアボカドにエビを合わせたアボカドシュリンプ、プリップリのタコやエビがゴロゴロ入ったタコのアヒージョ、ローストチキンと薫製ベーコンにアボカドがプラスされたアボカドチキンベーコンなど、同時に登場した夏のキャンペーンピザに、ドミノ・ピザの人気メニュー高麗カルビを組み合わせた期間限定ピザはどんな味か気になったので、さっそく注文して食べてみました。

Quattro Colorful Summer
https://www.dominos.jp/topics/190708_summer


ピザが編集部に到着しました。


これがクワトロ・カラフルサマーのLサイズです。長辺が約14.5cmのGoogle Pixel 3と比べるとこんな感じ。


メジャーでサイズを確認してみたところ、直径は実測で約35cmでした。


クワトロ・カラフルサマーを構成するのは4種のピザで、左上が「タコのアヒージョ」、右上が「アボカドチキンベーコン」、左下が「アボカドシュリンプ」、右下が「高麗カルビ」です。


「アボカドシュリンプ」はベースとなるトマトソースやチーズに、厚切りのアボカドやトマト、エビがトッピングされていて、その上からバジルが散りばめられています。


食べてみると、なめらかに口の中でとろけるアボカドの舌触りと、こんがりと焦げたマヨネーズの味わいが感じられます。アボカドの濃厚なコクとマヨネーズのコクに、トマトソースとチェリートマトの酸味が絶妙な味わいに仕上がっていました。エビの食感もありますが、やや弱いので「もっと豪快にちりばめられていれば、アボカドのなめらかさとのコントラストを楽しめるのに」というのが正直な感想です。


次に食べたのが「タコのアヒージョ」です。ゴロゴロ入ったタコやエビ、トマトとともに、ブラックオリーブが多めにトッピングされているのが目を引きました。


一口食べると、ぶつ切りのタコやエビのうまみをブラックオリーブの独特な香りが引き立てているおかげで、魚介のうまみを最大限に堪能することができました。タコとエビはプリップリの食感で、キノコのうまみがぎゅっと詰まったマッシュルームの歯ざわりと共に、味と食感の両方が楽しい1枚に仕上がっています。


次は「アボカドチキンベーコン」。食べてみると、チキンのジューシーなうまみとベーコンのスモーキーな風味が口の中に広がりました。黄色いパプリカやオニオンの主張が意外と強く、野菜の甘みもしっかり感じることができるので、アボカドのまったりとしたコクとともにいろいろな味を一度に味わえるピザになっていました。


ドミノ・ピザのレギュラーメニュー「高麗カルビ」は肉汁あふれるジューシーなカルビに、ニンニクの効いた甘辛いタレの相性が抜群な人気ピサです。シンプルな肉のうまみを豪快に頬張ることができるので、シーフードやチキン、ベーコンを味わった後の締めにはピッタリでした。


「クワトロ・カラフルサマー」はデリバリーで注文するとMサイズが税込3024円で、Lサイズが税込4212円です。また、「高麗カルビ」「アボカドシュリンプ」「タコのアヒージョ」「アボカドチキンベーコン」はそれぞれ1枚のピザとして注文が可能で、「高麗カルビ」がデリバリーのMサイズ2592円・Lサイズ3780円、ほかの3種はいずれも「クワトロ・カラフルサマー」と同じ価格です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
直径40cmのビッグサイズで本場ニューヨークのピザを堪能できるドミノピザ「クワトロ・ニューヨーカー」を食べてみた - GIGAZINE

総重量1kgのチーズが決壊して流れ出る「ニューヨーカー1キロウルトラチーズ」試食レビュー、3832kcalカロリーの世界観を味わってみた - GIGAZINE

トロトロのチーズがもちもちのピザ生地からあふれ出る本格包み揚げピザを「IL PANZEROTTO」で食べてきた - GIGAZINE

焦げてないのに真っ黒なピザ「ハロウィンブラック」をピザハットで注文して食べてみた - GIGAZINE

「最高のピザの焼き方」を熱力学的に分析した論文が公開中 - GIGAZINE

栄養学者が「ピザはシリアルよりも朝食に向いている」と主張 - GIGAZINE

ピザが南の島で独自進化して夜市の王となった「ザンジバル・ピザ」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.