ハードウェア

Appleが10月30日にイベントを開催、新型iPad ProやMacBookの登場か


Appleが日本時間で2018年10月30日の23時から、アメリカ・ニューヨークでイベントを開催することを発表しました。イベントの詳細については明かされていませんが、新型iPad ProやMacBookの登場が期待されています。

Apple Events - Apple Special Events - Apple
https://www.apple.com/apple-events/


Apple announces iPad Pro and Mac event for October 30th - The Verge
https://www.theverge.com/2018/10/18/17978622/apple-october-2018-event-ipad-pro-macbook-air-date-announcement

Appleが突如、10月30日にイベントを開催することを発表し、各メディアに招待状を出しています。Appleの公式サイト上に開設されているイベント専用ページ上には開催日時以外に詳しい情報は記されていないのですが、メディア宛に送付された招待状にはロゴに下に「there’s more in the making.(作成中のものがたくさんある)」というメッセージが添えられていました。


海外メディアのThe VergeはAppleが9月にiPhone発表イベントを開催したばかりであること、また、10月30日開催のイベントがApple本社内のスティーブ・ジョブズ・シアターで行われるわけではないことに驚きを示しています

また、イベント用特設ページはページをリロードする度に表示されるAppleのロゴが変化するようになっており、ロゴのバリエーションはかなり豊富にそろえられている模様。


イベントで発表されると予測されているのが、iPhone Xのようなベゼルレスデザインに進化した新しいiPad Proです。iPad Proがベゼルレスデザインに進化することはiOS 12の開発者向けベータ版のアイコンが変更されたことから信ぴょう性が高まっているとされてきました。新型iPad Proは11インチと12.9インチの2モデルになるとみられており、2つのモデルがどのようなものになると予測されているかは以下の記事を読めばよくわかります。

2018年秋登場の新型「iPad Pro」はFace ID搭載・ベゼルレス・4K HDR映像出力など仕様まとめ - GIGAZINE


また、MacBook Airと同じ最も手ごろなエントリーモデルが登場するとウワサされていたように、Appleは新型MacBookの発表も予定しているのではないかと予測されています。この新型MacBookは、税別14万2800円から購入可能な12インチMacBookよりもさらに低価格なモデルになるとのこと。他にも、パワーユーザーやアプリ開発者向けにAppleが新型Mac Miniを発表するというウワサもあります。

ソフトウェア面ではApple Watch Series 4の心電図機能を有効にするiOS 12.1およびwatchOSのアップデートがアナウンスされるものとみられています。

・関連記事
AppleはMacに自社製チップを採用すべく半導体ファブのTSMCと関係を強化するとの予想 - GIGAZINE

高価格なiPhoneによってAppleが史上最高の第3四半期決算を達成 - GIGAZINE

Appleを破産寸前の瀕死状態から「100兆円企業」へと導いたスティーブ・ジョブズの「問い」とは? - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logu_ii