鴨の風味を存分に楽しめる「丸亀製麺」の期間限定メニュー「鴨ねぎうどん」を食べてきた


2018年1月30日(火)より、丸亀製麺で「鴨ねぎうどん」が期間限定で登場しています。鴨の脂とネギの香りが溶けだしただし汁により冬らしい味わいに仕上がっているとのこと。どんな味を楽しめるのか、実際に行って食べてきました。

~やわらか鴨肉とこんがりねぎの相性が抜群~『鴨ねぎうどん』を1月30日から販売開始!
(PDFファイル)https://www.toridoll.com/ir/pdf/180123ku.pdf

丸亀製麺にやってきました。


店頭には「鴨ねぎうどん」のポスターが貼ってありました。


鴨肉と焼きねぎに三つ葉とゆずがのった「鴨ねぎうどん」は並で税込640円。


よく見ると、鴨肉が10切れほど、焼きねぎが5個ほどあり、具だくさんな印象を受けます。


まず、うどんから食べてみます。うどんにはコシがあり、だし汁はあっさりとした昆布とかつおベースのものですが、鴨肉の脂とネギの香りが溶けだしていて、コクのある風味を感じ取ることができます。割とあっさり目なうどんを想像していましたが、これらが合わさることで、思いのほかジューシーでボリュームがあります。


鴨肉は口当たりが柔らかく、歯応えがあります。


焼きねぎをかむと、ねぎが吸ったジューシーなだし汁を口の中で味わうことができ、かめばかむほど、ねぎの甘さを感じることができます。


ゆずと三つ葉を合わせ、爽やかな風味をプラスすることでジューシーさを抑えることができます。ジューシーな味わいに飽きてきたなと感じたら、食べ方を変えてみるのもアリ。


「鴨ねぎうどん」は並が税込690円、大が740円、得が840円。2018年1月30日(水)から2018年3月中旬までの期間限定の販売で、一部店舗では販売していない場合があります。

・関連記事
限定復活した丸亀製麺の没メニュー「クラムチャウダーうどん」を食べてきた - GIGAZINE

自分だけのうどん情報を事細かにデータとして残しておくことができる「うどん帳」を使ってみました - GIGAZINE

料理人が道を極めすぎたがために膨大な種類が生まれてしまった「変わり胡麻豆腐」てんこもり - GIGAZINE

ネコ食器まみれの「のらや」秋メニュー「かにあんかけうどん」「きのこうどん」「栗どら焼き」で猫もしゃくしも舌鼓 - GIGAZINE

あのボンカレーを再現した「エースコック スーパーカップ」のカレーうどんとラーメンを本物のボンカレーと食べ比べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1j_ty