×
試食

やわらか牛肉とプリプリのひらたけを熱々ジュージューに焼いた丸亀製麺の「牛肉ひらたけしぐれ煮ぶっかけ」を食べてきた


夏バテ気味で食欲がわかない、という時期でもツルッと食べられてしまうのがうどんやそうめんなどの麺類ですが、そこにガッツリジューシーな牛肉とプリプリ食感が心地良いひらたけをトッピングした「牛肉ひらたけしぐれ煮ぶっかけ」が丸亀製麺から期間限定で登場しています。山椒をピリッときかせることでさわやかな辛みをプラスし、食材を引き立たせているという新メニューを、さっそく丸亀製麺で食べてきました。

~旨みたっぷり霜降りひらたけと牛肉をしぐれ煮に~『牛肉ひらたけしぐれ煮ぶっかけ』を8月30日から販売開始!
http://www.toridoll.com/ir/pdf/180823gh.pdf?_ga=2.237063753.856466915.1535590232-1287656522.1535590232

そんなわけで早速丸亀製麺にやってきました。


店頭のポスターでお目当ての「牛肉ひらたけしぐれ煮ぶっかけ」を発見。ぶっかけうどんなので、注文時にはうどんの麺を「温」か「冷」のいずれで提供するか聞かれるのですが、今回は「冷」にしました。


注文すると、レジ横のフライパンで牛肉とひらたけを焼き始めるので、提供時には必ず熱々のものが食べられるようになっています。


というわけで、これが「牛肉ひらたけしぐれ煮ぶっかけ」。ポスターには青ネギものっていたので、薬味コーナーから無料でかけ放題のネギを持って来ました。


うどんを覆うようにトッピングされた牛肉とひらたけのしぐれ煮。


肉厚で傘にきれいな霜降り模様のあるひらたけは、1本1本手で割かれています。食べてみるとプリプリの食感が心地良く、牛肉やうどんと一緒に食べてもその食感がしっかりと口の中でアピールしてきます。


牛肉は甘辛い割り下で焼かれています。割り下で焼いているということですき焼き系の甘辛い味わいとなっており、これが牛肉と合わないわけがありません。丸亀製麺で提供されているうどんメニューの中ではこってりめな味付けですが、過去の牛肉を使ったメニューである「牛とろ玉うどん」などと比べると脂も甘辛さも少し控えめになった印象です。


ぶっかけつゆの表面には牛肉の脂がほんのり浮かんでいました。


牛肉&ひらたけの旨みがぶっかけつゆにしっかりと染みこんでいるので、具材なしでもいつもと違った甘辛いうどんが楽しめます。


甘辛い味付け&牛肉の脂のコンボでなかなかに食べごたえのあるうどんとなっているので、後半にネギをトッピングして味に変化を付けるのも良さそうです。


なお、店舗ですりつぶした実山椒を使うことでさわやかな辛みがプラスされているとのことだったのですが、「入れ忘れたのか?」と思うほど山椒の風味はまったく感じられませんでした。


「牛肉ひらたけしぐれ煮ぶっかけ」は2018年8月30日(木)から10月初旬までの期間限定販売で、販売価格は(並)税込640円、(大)税込740円、(得)税込840円です。

・関連記事
予想のつかない辛さが印象的なサブウェイの「アボカドチキン チポトレ」と「アボカドベーコン チポトレ」を食べてきた - GIGAZINE

もっちりバンズにとろける厚切りチーズが合わさった「金の月見バーガー」など新商品をマクドナルドで食べてみた - GIGAZINE

厚切りで弾力ある食感の牛たんとレモンが効いた塩だれの相性抜群な「牛たん重」をなか卯で食べてみた - GIGAZINE

トマトの酸味が前面に押し出された松のや「トマトカレー」を食べてきた - GIGAZINE

極太ソーセージ&シャキッと食感が絶妙なケンタッキーの「ジャーマンツイスター」は甘酸っぱいソースでサッパリな味付け - GIGAZINE

in 試食, Posted by logu_ii