試食

注文後に熱々ジュージューに焼いた牛肉とネバネバとろろ&温玉の相性が抜群な「牛とろ玉うどん」を丸亀製麺で食べてきた


一気に気温が高くなってきた初夏にピッタリなとろろうどんは、あっさりしていながらもスタミナをつけるのにピッタリな食べもの。そんなとろろうどんにかえしをたっぷり染み込ませた焼きたて熱々の牛肉と、とろろとも牛肉とも相性抜群の温泉たまごをトッピングした「牛とろ玉うどん」が丸亀製麺から登場しています。コシのあるうどんと牛肉・とろろ・温泉たまごの絶妙のコラボレーションを楽しむべく、さっそく丸亀製麺へ行ってきました。

(PDF)『牛とろ玉うどん』を4月25日から販売開始!

季節限定メニュー 牛とろ玉うどん|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺
https://www.marugame-seimen.com/new_menu/

というわけで丸亀製麺に到着。


お店の至る所に2017年4月25日(火)発売の「牛とろ玉うどん」のポップが張り出されています。


牛とろ玉うどんの並を注文したのですが、丸亀製麺では珍しくカードを渡され商品はテーブルまで持ってきてくれました。実際、注文した後レジで支払いをしていると、そのすぐ側で牛肉をフライパンで炒めていました。


というわけで3分ほどで商品が到着。公式サイトのイメージ写真ではねぎがトッピングされていたのですが、実際に提供されたものにはトッピングされていませんでした。


なので、自由に取ることができるねぎをトッピング。


かえしをたっぷり染み込ませて焼いた牛肉は器の7割ほどを埋めており、うどんやとろろはほとんど見えない状態。


その隣に温泉たまご。


そして隙間からちらっと顔を見せるうどん。


温泉たまごを割るとこんな感じ。


そんなわけでさっそく食べてみます。うどんは温と冷を選べるのですが、今回は冷を選択。ぶっかけだしに甘辛い味付けのかえしが溶けるので、味付けは濃いめ。ただし、普通のぶっかけうどんよりも甘辛い味付けになりますが、うどんとの相性もグッド。


牛肉は薄切りかと思いきや想像以上に食べごたえアリ。そして量も多めです。


さらに、温泉たまごを割ると甘辛い味付けがマイルドになります。


半分ほど食べ進めたところで牛肉の下からとろろが出現。牛肉やかえしの味が強く、とろろはそれほど量が多くないのか存在感はそれほどでした。


なお、牛とろ玉うどんは季節限定メニューで、販売時期は2017年4月25日(火)から6月上旬まで。価格は並が税込690円、大が税込790円、得が税込890円です。

・関連記事
にんにく味噌ソースでご飯がもりもりススム松屋の「豚バラにんにく味噌定食」を食べてきた - GIGAZINE

じわ辛&牛肉で糖質制限中でも満足できるすき家の「ロカボ牛ビビン麺」や「ロカボ牛麺」を食べてみた - GIGAZINE

まさかの巨大厚切りベーコンとクラムチャウダーを天ぷら化してしまった「ベーコン・チキン天丼」&桜えび・ほうぼうなど海の幸が詰まった「桜海老天丼」をてんやで食べてきた - GIGAZINE

「にんにく増し」で体中からニンニク臭が立ち上るような吉野家の「豚スタミナ丼」「豚スタミナ定食」を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logu_ii