試食

玉子あんがうどんにしっかり絡む丸亀製麺の「肉たまあんかけ」を食べてきた


季節に合わせたうどんを出している丸亀製麺が、底冷えするこれからの季節に向けて、体を芯から温めてくれる「肉たまあんかけ」を12月2日(水)から始めました。この冬は暖冬だそうですが、それでも秋から冬に入って冷え込むようになってきたので、温まるうどんを食べに行ってきました。

季節限定メニュー 肉たまあんかけ|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺
http://www.marugame-seimen.com/new_menu/

お店に到着


「肉たまあんかけ」は並が590円、大が690円。今回は大を注文しました。


丸亀製麺というとわずかな待ち時間でうどんが提供されるイメージでしたが、あんかけうどんは特殊だからか、いったん席で待つ形になり、5分ほどで運ばれてきました。


玉子あんかけは、かけうどんのだしを使っているとのこと。


うどんとの相性を考えて甘辛く味付けされた牛肉のしぐれ煮。


おろししょうがとゴマを加えて食べます。


むっちりとした太いうどんに、とろみのある玉子あんが絡んで、ちょっと置いていてもアツアツ。醤油や塩辛さとはまた違う、だしの風味の強い玉子あんと甘辛いしぐれ煮は、考えられているというだけあって相性が抜群。あまりあんかけうどんを食べることはないのですが、この肉たまあんかけには驚かされました。


また、全体がとろっとしている中で、トッピングの天かすのサクサクとした食感はとてもよいアクセント。長くあんの中にいると柔らかくなってしまうので、手早く食べた方がより食感が残った状態で食べられていいのですが、なにぶんあんかけが冷めるスピードはゆっくりなので、暑いものが苦手な人は注意。


ただ、難点が1つ。玉子あんがあまりにもしっかりとうどんに絡みつくため、太いうどんがなかなかうまくすすれません。それでもなお勢いよくすするとあんが飛び散るので、これもまた要注意です。


単にトッピングを増やしただけではなく、全体のバランスが考えられていて、冬の間に何度か食べて温まりたいうどんとなっていました。

・関連記事
濃厚でクリーミーなタルタルソースをぷりぷりジューシーな鶏天にぶっかけた「タル鶏天ぶっかけ」を食べてきた - GIGAZINE

肉ごぼう&大根おろしが山盛りになった丸亀製麺の「鬼おろし肉ぶっかけ」を食べてきた - GIGAZINE

ボリュームたっぷりで豚しゃぶと酸味が効いたマリネのさっぱりぶっかけうどんが味わえる「豚マリぶっかけ」を食べてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt