ネットサービス

X(旧Twitter)のアクティブユーザー数が2023年から約18%減少していることが報告される


アメリカ・サンフランシスコに拠点を置く市場調査会社のSensor Towerが、2024年2月のアメリカにおけるXのアクティブユーザー数は約2700万人で、前年同月比で約18%減少していることを報告しています。

Fewer people using Elon Musk’s X as it struggles to keep users
https://www.nbcnews.com/tech/tech-news/fewer-people-using-elon-musks-x-struggles-keep-users-rcna144115


Sensor Towerはアクティブユーザーを「1日に1回、2秒以上のセッションを記録したユーザー」と定義して分析を実施。その結果イーロン・マスク氏によって買収された2022年11月以降、Xのユーザー数は毎月横ばいまたは減少しており、2022年11月から2024年2月までの間でアクティブユーザー数は23%減少していることが明らかになりました。

以下はSensor Towerが公開した、各種SNSにおけるアクティブユーザー数の推移です。水色で示されたFacebookや緑色のInstagram、黄色のTikTok、赤色のSnapchatに比べて、黒で示されたXが急激なアクティブユーザー数の減少に悩まされていることが確認できます。


Sensor Towerのシニアインサイトアナリストを務めるエイブ・ユーセフ氏は「Xは同業他者と比較してアクティブユーザー数が最も大幅に減少しています。これは、不愉快なコンテンツに対するユーザーの不満やプラットフォームの技術的な問題に加え、TikTokなどの競合他社の成長が要因になっている可能性があります」と推測しました。

また、Sensor Towerによると、広告主もXを離れており、2022年10月以降、Xのアメリカにおける広告主上位100社のうち75社がXへの広告の掲出を停止しているとのこと。さらに、マスク氏の反イスラエル主義発言を発端として、大手広告主による広告出稿停止が急増しているそうです。

加えて、2023年11月にマスク氏が広告出稿を停止した広告主に対して「Go fuck yourself(くたばれ)」と発言したこともさらなる広告出稿停止につながっているとSensor Towerは分析しています。

イーロン・マスクがディズニーなど広告出稿を停止した広告主に「くたばっちまえ」と反撃 - GIGAZINE


一方でXはSensor Towerの分析結果を否定しており、「実際のユーザー数はSensor Towerのデータよりも多く、世界中で毎日2億5000万人以上がXを使用しています」と述べています。


また、マスク氏は自身のフォロワーに対し、Xを離れたユーザーをプラットフォームに戻すよう促しており、「Xの投稿共有機能を使って、いまだにレガシーメディアに惑わされているあなたの友人にリンクを送信してください」と訴えています。


なお、Xは「誰をアクティブユーザーとしてカウントするか」など、詳細についてはコメントしていません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
X(Twitter)のヘビーユーザーはイーロン・マスクによる買収から1年経過しても離脱していない - GIGAZINE

Xのアクティブユーザーが減少傾向にあるとリンダ・ヤッカリーノCEOが認める - GIGAZINE

Twitter買収から1年が経過しXのトラフィックや月間アクティブユーザー数は減少している - GIGAZINE

X(旧Twitter)は広告主の相次ぐ撤退で年末までに110億円超を失う可能性 - GIGAZINE

X(旧Twitter)が広告ポストをプロモーションタグなしで表示していることが明らかに - GIGAZINE

X(旧Twitter)で誤情報を拡散するアカウントもXプレミアムから広告収入を得ているとの指摘 - GIGAZINE

イーロン・マスクが反イスラエル主義発言で物議を醸す、Xユーザーのヒトラー再評価の投稿に反発してIBMがXへの広告出稿を停止 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1r_ut

You can read the machine translated English article here.