ネットサービス

約3.2兆円でモバイル決済サービスのSquareが「今すぐ購入、後で支払う」のAfterpayを買収すると発表


Twitterの創業者であるジャック・ドーシーCEOが運営するもう1つの企業である、モバイル決済サービス「Square」が、「今すぐ購入、後で支払う」サービスを提供する「Afterpay」を買収予定であることが判明しました。

Square, Inc. Announces Plans to Acquire Afterpay, Strengthening and Enabling Further Integration Between its Seller and Cash App Ecosystems
https://squareup.com/jp/ja/press/square-announces-plans-to-acquire-afterpay?country_redirection=true

オーストラリアを拠点とするAfterpayは、1600万人の消費者と10万件の販売業者を顧客として擁する世界規模のサービスです。発表によるとAfterpayの買収価格は290億ドル(約3.2兆円)ほどになるとみられており、Afterpayの発行済み株式をSquareが全て取得する株式交換で行われるとのこと。買収は2022年第1四半期に完了する予定です。

Afterpayが提供しているような「今すぐ購入、後で支払う」サービスはウェブ全体で普及してきており、同様のサービスはサンフランシスコ発のAffirm、スウェーデン発のKlarnaが提供しているほか、Appleも「Apple Pay Later」という後払いサービスを開発中であると言われています。

Apple Payで購入したものを分割払いに変更できる「Apple Pay Later」が計画中 - GIGAZINE


ドーシーCEOもTwitter上で買収について発表。また声明の中でドーシーCEOは「SquareとAfterpayには共通の目的があります。我々は金融システムをより公平でアクセスしやすく、かつ包括的なものにするビジネスを作ってきました。そしてAfterpayも、このような原則に合う信頼されたブランドを築き上げてきました」と述べました。


Squareの販売業部門リーダーのアリッサ・ヘンリー氏は「世界的にも、販売業者向けの『今すぐ購入、後で支払う』ツールは大きな成長を見せています。我々の販売エコシステムにこのようなツールを組み込めることだけでなく、信頼の高いイノベーティブなチームと仕事を行えるということも楽しみです」とコメント。またSquareはモバイルアプリを使って送金を行う「Cash App」にもAfterpayの機能を導入する予定だと述べています。


なお、Squareは2021年3月に音楽配信サービスTidalの過半数株を取得したほか、ビットコインに焦点を当てたプラットフォーム「TBD」を開発するなど、サービスの拡張を次々に発表しています。

ビットコインに焦点を当てたプラットフォーム「TBD」をモバイル決済サービス「Square」が発表 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhoneやiPadなどをクレジット決済のレジ代わりにできる「Squareリーダー」を実際に使ってみました - GIGAZINE

TwitterのCEOが設立したモバイル決済企業のSquareがビットコインの高騰で収益が3倍以上に増加 - GIGAZINE

ビットコインに焦点を当てたプラットフォーム「TBD」をモバイル決済サービス「Square」が発表 - GIGAZINE

Twitter創業者のモバイル決済企業「Square」が約180億円のビットコインを購入したと発表 - GIGAZINE

Squareに関する間違った10の都市伝説とその真相 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.