ネットサービス

PayPalが暗号資産で決済できる「Checkout with Crypto」を開始、PayPal経由でビットコインやイーサリアムでの支払いが可能に


大手決済サービスのPayPalが2021年3月30日に、暗号資産での支払いができる「Checkout with Crypto」をアメリカで開始したことを発表しました。これにより、PayPalのデジタルウォレットでビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインを保有しているユーザーは、決済時にこれらの暗号資産を法定通貨に自動的に換金して支払いを行うことができるようになります。

Press Release: PayPal Launches "Checkout with Crypto" - Mar 30, 2021
https://newsroom.paypal-corp.com/2021-03-30-PayPal-Launches-Checkout-with-Crypto

Exclusive: PayPal launches crypto checkout service | Reuters
https://www.reuters.com/article/us-crypto-currency-paypal-exclusive-idUSKBN2BM10N

PayPalの公式Twitterアカウントは3月30日に、「本日、『Checkout with Crypto』を発表しました。これは、PayPalをご利用のお客さまが、オンラインショッピングで支払いを行う時に、暗号資産を使ってチェックアウトできるようになる新しいサービスです。『Checkout with Crypto』はPayPalの支払いプロセスの中にシームレスに組み込まれており、利用する方は明確な換金レートと追加手数料なしで、暗号資産を素早くドルに換えて決済することができます」とツイートしました。


Checkout with Cryptoを使うには、PayPalでの通常の支払い手順と同様に決済に進み……


支払いに使う暗号資産を選択して支払いボタンを押します。画面には、ドルとのレートや支払う暗号資産の額が記載されているので、相場を踏まえて決済に使う暗号資産を選ぶことが可能になっています。


Checkout with Cryptoでの支払いには追加の手数料等はかからず、やり方もクレジットカードやデビットカードでの支払いと同じなので余計な手間はありません。


Checkout with Cryptoの開始により、PayPalウォレットに十分な額の暗号資産が含まれていれば、自動的に支払い方法に暗号資産が表示されるようになります。Checkout with Cryptoに対応している暗号資産は、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュの4種類ですが、一度の決済に使える暗号資産は1種類のみです。

Checkout with Cryptoで支払いを行った場合、選択した暗号資産が自動的に法定通貨に換金され、履歴には暗号通貨での支払いと物品購入の両方が記録として残ります。Checkout with Cryptoには手数料がかかりませんが、暗号資産からドルに換金する際には売値と買値の差額(スプレッド)が発生するとのこと。

PayPalのダン・シュルマン社長兼CEOは発表の中で、「PayPalのようなデジタル決算と、暗号資産のようなデジタル通貨の普及は加速しています。我々はCheckout with Cryptoにより、PayPalウォレットを使った幅広い支払い方法の選択肢と柔軟性を提供するとともに、暗号資産を主流の決済方法の1つにする取り組みを継続して参ります」とコメントしました。

PayPalが2020年10月に発表したこの決済サービスは、今後数カ月以内に全世界の2900万の加盟店すべてで利用できるようになるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
PayPalで仮想通貨の売買や支払いが簡単にできるように - GIGAZINE

Visaが「ビットコイン決済」の導入を検討 - GIGAZINE

Mastercardが「2021年中に暗号資産に対応する」と発表 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.