メモ

手指消毒剤の転売屋が1万7000本もの在庫を全て寄付、その理由は?


新型コロナウイルス対策として重要な手指消毒剤・マスクなどの衛生材料の転売はアメリカでも問題となっています。今回の転売問題にまつわる規制や法律、そして1人の転売屋の顛末についてアメリカの大手紙ニューヨークタイムズが報じています。

He Has 17,700 Bottles of Hand Sanitizer and Nowhere to Sell Them - The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/03/14/technology/coronavirus-purell-wipes-amazon-sellers.html

Tennessee man who stockpiled hand sanitizer donates 17,700 bottles ahead of investigation | TheHill
https://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/487711-tennessee-man-who-stockpiled-hand-sanitizer-donates-17700

新型コロナウイルスの感染が広がったとき、これを商機と見た人がいました。アメリカ・テネシー州に住むマット・コルビンさんもその1人。アメリカで初の新型コロナウイルスによる死者が出た2020年3月1日、コルビンさんは弟のノアさんとウォルマートやホーム・デポなどの小売店を当たって、手指消毒剤を買い占めました。コルビンさんは3日間で1300マイル(約2100km)も移動して地域一帯の小売店で手指消毒剤を買い占めた後、Amazonに出品。コルビンさんはそのときの売上について、「荒稼ぎできた」と語ります。


今回の新型コロナウイルス流行拡大のような「非常時」といえる状況で、転売によって利益を上げたのはコルビンさんだけではありません。ペンシルバニア州中部に住むクリス・アンダーソンさんは、1万枚のマスクをオハイオ中からかき集めてAmazonで販売。10枚15ドル(約1600円)で販売されていたマスクを、40ドル(約4300円)から50ドル(約5300円)で売りさばいたそうです。アンダーソンさんは、「Amazonへの出品料や送料を引いても、2万5000ドル(約270万円)の利益があった」と語りました。

こういった転売問題について、AmazonやeBayなどのプラットフォームは対策を講じ始めています。2020年3月4日Amazonは新型コロナウイルス流行拡大に便乗した衛生材料の価格つり上げに対する規制を発表。これらの商品を取り扱う一部の販売者に取引停止措置を下し、「これ以上価格を釣り上げた場合、アカウントを削除する」と通告しました。同様に、eBayはマスクや手指消毒剤のアメリカ国内の取り扱いを中止しました。

この措置によって、高騰しつつあった衛生材料の価格は一気に下落。以下はニューヨークタイムズが報じた、「disinfecting wipes(除菌用ウェットティッシュ)」「hand sanitizer(手指消毒剤)」「N95 masks(N95マスク)」のAmazonにおける販売価格のグラフ。期間は2020年1月1日から3月7日までとなっており、黄色い線で表されている「Third-party sellers(サードパーティー業者)」が2月下旬から急激に上がり、その後下落していることが示されています。なお、このグラフはAmazonに関するマーケティングツール「JungleScout」によって作成されています。


Amazonは規制の発表に際して、「価格つり上げは私たちのポリシーに明確に違反しているだけでなく、非倫理的で、一部の分野では違法行為です」「州検事と直接協力して、これらの悪事に関与した人々を訴追します」と述べていました。ニューヨークタイムズによると、カリフォルニア州、ワシントン州、ニューヨーク州の検事当局は新型コロナウイルスに関連する価格つり上げについて調査を開始しており、緊急事態宣言の後に価格を10%以上釣り上げた販売者を捜査しているとのこと。

ニューヨーク州には、「非常時に異常なまでに価格を釣り上げる行為」を禁じる州法が存在します。ワシントン州の検事当局職員も、「販売者がワシントンに在住していなかった場合でも、購入者側がワシントンの住民だった場合は州の消費者保護法を適用できると確信しています」とコメントし、非常事態時における価格つり上げの訴追に関して意欲的な姿勢を強調しました。

コルビンさんの住むテネシー州も「災害に際して、ガソリンなどの必需品やサービスの価格を不当な価格で販売すること」を禁じています。テネシー州の検事当局はニューヨークタイムズに対して、コルビンさんの自宅に捜査員を送って販売停止措置を通告し、コルビンさんの行為について捜査を開始していると回答しました。


コルビンさんは「衛生材料を買い占めたのは緊急事態宣言の前のことで、緊急事態宣言の後には何も販売していない」「Amazonで手指消毒剤を20ドル(約2100円)で販売したのは、人件費やAmazonへの手数料、送料などの諸経費に10ドル以上かかっていることが原因」と述べ、価格のつり上げには当たらないと訴えてましたが、テネシー州検事当局の捜査を受け、残りの在庫である1万7700本の手指消毒剤を寄付することに決定しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルス需要でAmazonの家庭用品が在庫切れ、Amazon Primeでは遅延も - GIGAZINE

Amazonが「コロナウイルス感染症を予防・完治」とうたった商品100万点を削除しアカウント数千件を停止 - GIGAZINE

AmazonやFacebookが「新型コロナウイルス感染症の予防や完治」をうたう商品や広告を削除へ - GIGAZINE

人気ポルノサイトPornhubが新型コロナウイルス流行による全土封鎖中のイタリアで「プレミアムサービス」を無料提供 - GIGAZINE

新型コロナウイルスに関する不安やパニックから身を守る方法とは? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.