動画

「お金の存在しない街」で世界中から集まった7万人が助け合いサバイバルする「バーニングマン」2016年まとめムービー


何もないまっさらなネバダ砂漠に世界中から集まった何万人もの人々がお金が存在しない架空の街「ブラックロック・シティ」を作り出し、裸で暮らしたり、アート作品を展示したり、ヨガをしたり、踊ったり、とにかく自分を表現しながらサバイバルしつつ暮らすイベントが「バーニングマン」です。2016年のテーマは「Da Vinci’s Workshop(ダヴィンチの仕事場)」ということで、バーニングマン会場のアメリカ・ネバダ州のブラックロック砂漠には個性大爆発なド派手&不思議な作品と人々が並んだようで、イベントに参加した気分になれるまとめムービーが公開されています。

Burning Man 2016 Hyperlapse - YouTube


カラフルな光を発しながら回転するオブジェ。


唐突に火を噴きます。


鮮やかに光るテントは……


美しい模様を描きます。


続いての作品は心臓のような形。


炎が激しくなったり、弱くなったりしています。「ハートを燃やせ」というメッセージなのかも。


続いても、光の回りに人が集まっています。


光る筒の中には人が入れる仕組み。外の世界がどのように見えるのか気になります。


ドームの下でくつろぐ人々。


ドームは紫色になったり……


虹色に変化したり。


バーニングマン名物の光る人々。電灯などがないので、夜出歩く時は体のどこかに光をまとっていないと自転車にひかれることもあります。


火を噴くタコは実際に2013年にバーニングマンに行った時にも見かけました


朝焼けもしくは夕焼けの中にたたずむ「HOME」の文字。


バーニングマンのシンボルである「ザ・マン」の2016年度版は以下のような感じ。


イノシシのオブジェや……


足のちぎれたバッタ。


サメのオブジェ……ではなく、これは移動のための車。直径2.4kmという広大な市街地を作り出すバーニングマン会場では、車に見えないアートのような派手な車がたくさん走っています。


地面に半分埋まっているかのようなロボットのオブジェ。


これも移動用の車。一般道で走っていると注目を集めそうですが、バーニングマン会場ではいたって普通の姿なので、特に誰も注目していません。


巨大な植物のような幻想的な作品。


毎日激しい砂嵐が起こるブラックロック砂漠ですが、今回は竜巻も生じた模様です。


これもアート作品。中に入れるようになっているようです。


イッカクに……


昆虫。


巨大なヘビは……


メドゥーサでした。


白鳥の上で踊りまくる人々。ただし、巨大建築物が多い故にバーニングマンでは時々死人がでるので、くれぐれも作品の扱いには注意しましょう。


連続する輪っかは一体何かというと……


夜になると光アーチとして活躍します。


光る架け橋。


そびえ立つ塔。


トナカイ。


これも移動用の車のようです。


巨大な光キノコに……


クラーケンもありました。


なお、2016年バーニングマンは9月5日に終了しており、参加者は7万人にのぼった模様です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
お金の存在しない「ギフト」文化の町で1日を過ごすとどうなるのか?レポート~前編~ - GIGAZINE

お金の存在しない「ギフト」文化の町で1日を過ごすとどうなるのか?レポート~中編~ - GIGAZINE

お金の存在しない「ギフト」文化の町で1日を過ごすとどうなるのか?レポート~後編~ - GIGAZINE

砂漠のド真ん中に直径2.4kmの架空都市を造りだす「バーニングマン」への道はこんな感じ - GIGAZINE

バーニングマンのシンボル「ザ・マン」、2013年バージョンは円盤の上で回転 - GIGAZINE

バーニングマン会場「ブラックロックシティ」の主要施設をいろいろ巡回 - GIGAZINE

ブラックロック砂漠にたたずむ、写真で作られた礼拝堂「PHOTOCHAPEL」 - GIGAZINE

宇宙人が襲来したかのような巨大建築物「ザ・マン」に上ってみました - GIGAZINE

砂漠の中のコストコで得られるのは物ではなくプライスレスな友情でした - GIGAZINE

砂漠の真ん中に建てられたモダニズム建築のような建物は一体何なのか? - GIGAZINE

木を組み合わせて作った高さ約20mのピラミッド「テンプル」に行ってきました - GIGAZINE

お金を使うことに違和感を覚える「センターキャンプカフェ」内部はこんな感じ - GIGAZINE

アメリカのエリア51付近にあるブラックロック砂漠で墜落したUFOを発見 - GIGAZINE

バーニングマン会場のブラックロック砂漠に展示されていたアート作品まとめ - GIGAZINE

砂煙の中ウサギとニンジンが種の存続をかけてぶつかり合う瞬間 - GIGAZINE

巨大ゴキブリなど砂漠にたたずむ不思議な木造構築物の昼・夜の姿、そして燃え尽きるまで - GIGAZINE

ただのキャンプ生活とはひと味違うバーニングマンの食生活まとめ - GIGAZINE

祭典の終演を告げるかのごとく盛大に燃やされるバーニングマンのシンボル「ザ・マン」 - GIGAZINE

炎を吹き出すオクトパスなど「バーニングマン」で遭遇したド派手なアートカーまとめ - GIGAZINE

砂漠の祭典バーニングマンのラストイベント、テンプルが静かに燃える様子 - GIGAZINE

砂漠に混沌とした架空都市を作り出す巨大イベント「バーニングマン 2013」、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

お金が使えない野外フェス、電気もガスもない砂漠にゼロから1週間限定の街を作り出す「バーニングマン」2015年はこんな感じ - GIGAZINE

バーニングマンの独創的なテントやアートの魅力がパノラマ撮影でよくわかる「Burning Man」 - GIGAZINE

人が根元に座って触れると鼓動に合わせて色が変わる巨大な光の花「Pulse&Bloom」 - GIGAZINE

in 動画,   アート, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.