ネットサービス

ジャック・ドーシーに「なぜBlueskyを去ったのか」と直接聞くインタビューが登場


SNS「Bluesky」誕生に大きな役割を果たしたTwitter(現X)元CEOのジャック・ドーシー氏が、2024年5月にBluesky PBCの取締役を退任しました。ドーシー氏はBlueskyのアカウントも削除しており、退任については認めたものの詳細は語っておらず、どういった事情があったのかは謎でしたが、ITニュースレター・Pirates Wiresのマイク・ソラナ氏が退任後のドーシー氏を直撃し、その理由を聞き出しています。

An Interview With Jack Dorsey
https://www.piratewires.com/p/interview-with-jack-dorsey-mike-solana


ソラナ氏ははじめに直球で「なぜBlueskyを離れたのですか?」と質問。ドーシー氏はまずはそうなった背景から答えていますが、最終的に出てきた言葉からは「Blueskyが思っていたのとは違うものになったから」であることがわかります。

ドーシー氏はTwitterの創業者であると同時に、決済サービス「Square」(現Block)の創業者でもあり、Squareでは、ビットコインプロトコルのオープンソース開発者らに資金提供を行っていました。これは、巡り巡ってSquareに直接的な利益をもたらすことにつながっていました。

身売りがウワサされるTwitterのCEOが作ったもう1つのサービス「Square」だけが急成長しているのはなぜか? - GIGAZINE

by John Verive

ドーシー氏はTwitterでも同じような仕組みを作りたかったようですが、アカウント関係の問題や、ブランド広告モデルに基づく上場企業になっていたTwitterで同様の取り組みを行うのは難しかったとのこと。

そこでドーシー氏は「Twitterのプロトコルレイヤーを分離し、Twitter社がプロトコルレイヤーをコントロールできない状態にする必要がある」と考えて、Twitterとは独立したチームによって、オープン標準のプロトコルを構築し、Twitterでも使用するようにすることを思いつきました。これが2019年の「分散型ソーシャルメディアの『オープン標準』開発推進」宣言です。

TwitterのCEOが「分散型ソーシャルメディアのオープン標準」の開発推進を発表 - GIGAZINE

by PhotoMIX-Company

2021年8月には、現在BlueskyでCEOを務めているジェイ・グレイバー氏がプロジェクトリーダーに就任しました。そこまでの約2年間は、いろいろなプロトコル開発者との面談期間だったそうです。

Twitterの分散型ソーシャルメディアのオープン標準「bluesky」に仮想通貨開発者がプロジェクトリーダーとして就任 - GIGAZINE


面談した開発者の中には分散型SNSプロトコル「Nostr」を考案したfiatjaf氏も含まれていたそうですが、何らかの理由で採用は見送られています。なお、ドーシー氏はfiatjaf氏との面談には参加していないので面談内容は知らず、「まったく注意を払っていなかった」と振り返っています。

Twitterに代わるSNSプロトコルとして注目を集める「Nostr」とは一体どういう仕組みなのか? - GIGAZINE


グレイバー氏をリーダーに選んだドーシー氏は、プロジェクトに1400万ドル(約21億8000万円)を投資し、プロトコル開発を推進しました。ドーシー氏はこの時点で、すでにTwitterのCEOを辞めてパラグ・アグラワル氏に引き継ぐことを決めていたそうです。

なお、プロジェクトは約半年後の2021年末に「Bluesky PBLLC」としてTwitterから円満に独立しています。グレイバー氏はニュースサイト・The Vergeによるインタビューの中で、独立した理由について「プロトコル開発プロジェクトはドーシー氏がTwitterのCEOとして推進しているものであり、CEOが代わるとプロジェクトが立ち消えになる恐れがあったため」と説明しています。

SNS「Bluesky」のジェイ・グレイバーCEOが「Twitterから独立した理由」「BlueskyとAT Protocolの関係」などを語る - GIGAZINE


ドーシー氏の言葉に寄れば、自らの理想とBlueskyの方針の食い違いが出てきたのは、BlueskyがTwitterから独立した時期からのようです。Blueskyのテクニカルアドバイザーを務めるWhy氏に聞いた話では、「
Blueskyの独立にあたってTwitterにはBlueskyの取締役を1人選ぶ権利が与えられていて、選ばれたのがドーシー氏だった
」ようなのですが、ドーシー氏いわく「『顧問』席は用意されていたが、情報提供はなかった」とのこと。

さらに、グレイバー氏らがベンチャーキャピタルなどから資金調達を行い、取締役会の設置などを進めていくのを見てドーシー氏は「自分が満足する方向ではないな、そういう意図ではなかったな」と思ったそうです。


オープンプロトコルや非中央集権化を求めていたドーシー氏にとって大事なのは「プロトコル」であり、Blueskyも当初は分散型SNSプロトコル「AT Protocol(旧称ADX)」を主力製品に位置づけていました。しかし、Blueskyは途中で「プロトコルでどのようなサービスを作れるか」を示すためにSNS開発へと方針を転換し、2022年10月のSNS「Bluesky」発表に至りました。

Twitter創業者の立ち上げた分散型SNSプロトコル開発団体が新SNS「Bluesky」を発表 - GIGAZINE


さらに、Twitterが2022年11月にイーロン・マスク氏により買収されたのち、問題点が噴出したことで、Blueskyは「Twitterからの移住先」の1つになりました。

「Bluesky」のアカウント作成手順&実際に使ってみるとこんな感じレビュー、Twitterに激似なので乗り換え・引っ越し先としてかなりアリ - GIGAZINE


ユーザーが増える中で、ドーシー氏が素晴らしいアイデアだと思っていた「会話がどのように見えるかを選ぶことができるアルゴリズムストア」よりも、ユーザーはモデレーションツールを求め、他のユーザーを追い出すようになり、Blueskyはドーシー氏にとって「私が望んでいたことではなく、作る手助けをするつもりだったものでもない」ものになっていってしまったとのこと。

ドーシー氏はBlueskyを「文字通り、Twitterが犯したすべての過ちを繰り返していました。分散型プロトコルなどではなく、Twitterのわだちをたどっているだけの『別のアプリ』です」と表現しています。

なお、ドーシー氏はその後「Nostr」に共感し資金提供を行っているとのこと。Blueskyの取締役退任後はNostrに集中していることも明かし、「Nostrプロジェクトが取締役会を必要としているとは思えないし、求めているとも思えません」と語っています。

ドーシー氏へのインタビュー記事が公開された後、BlueskyのグレイバーCEOは「(Blueskyのプロトコルは)オープンソースで開発されています。私たちのコードはすべて公開されており、システムのあらゆる部分が誰でも実行可能な状態になっています。BlueskyはUIやUXがTwitterに似ているかもしれませんが、それはTwitterが大幅に変更を加える必要のないシステムだったからです」と述べ、Blueskyのプロトコル(AT Protocol)がオープンなものであることをアピールしています。

There’s a marketplace of algorithms. It’s open source — every line of code we write is public. Moderation is composable. Anyone can run any part of the system. And yet it looks and feels like it could be Twitter because we built a protocol Twitter could run on without drastic changes.

— Jay ������ (@jay.bsky.team) May 10, 2024 at 9:32


また、Why氏はBlueskyがプロトコルだけでなくSNSアプリの開発にも注力している理由について「実際の製品が存在しないプロトコルは存続できずに消滅してしまう」と述べ、Blueskyアプリの開発はAT Protocolを存続させるために必要な試みであると主張しています。

As a fellow decentralized protocol person for the past decade, Paul is 100% spot on here. Without someone focusing on building an actual *product* with the intention of it sticking around for longer than it takes for them to get bored, these projects will die.

[image or embed]

— なぜ (@why.bsky.team) May 10, 2024 at 6:24


なお、AT ProtocolやBlueskyアプリのソースコードは以下のリンク先で確認できます。

bluesky-social · GitHub
https://github.com/bluesky-social

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ジャック・ドーシーがBlueskyの取締役を退任していたことが判明 - GIGAZINE

Twitterの引っ越し先候補「Bluesky」を所有しているのは誰か?もしTwitterのように億万長者が買収しても大丈夫なのか? - GIGAZINE

Twitter引っ越し先候補のSNS「Bluesky」がまさかのドメイン販売サービス開始、自分専用ドメインで簡単に本人証明可能 - GIGAZINE

分散型SNSプロトコル「AT Protocol」「ActivityPub」「Nostr」は一体何が違うのか?それぞれの特徴をまとめてみた - GIGAZINE

in メモ,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.