ハードウェア

25年前のAMD製CPUから「銃とテキサス州の極小イラスト」が発見される


AMD製CPU「Athlon K75 Pluto」に隠されていた「銃とテキサス州の極小イラスト」がCPU接写マニアのFritzchens Fritz氏によって発見されました。

AMD Athlon K7 Pluto Top Metal Layer

A revolver and Texas Map can be found in one of the four corners!

And some explanations about the stone relief. The relief contains the AMD Athlon K7 Series from:

Argon -> Pluto -> Thunderbird -> Palomino -> Thoroughbred -> Barton

1/4???? pic.twitter.com/1rtmHidJkf

— Fritzchens Fritz (@FritzchensFritz)


Fritzchens Fritz氏は殻割りしたCPUの接写画像を数多く公開している人物です。Fritzchens Fritz氏が2016年に公開したAthlon K75 Plutoの接写画像が以下。今回新たに発見されたイラストもAthlon K75 Plutoの接写画像の撮影作業中に見つけたようです。

by Fritzchens Fritz

問題のイラストが描かれていたのはAthlon K75 Plutoのメタルレイヤーです。


上記の画像の左下をよく見ると、白い模様があることが分かります。


白い模様に接近して撮影した写真が以下。ただの汚れではなく、明らかに人為的にテキサス州とリボルバー銃が描かれていることが分かります。


なお、Athlon K75 Plutoに隠された銃とテキサス州の極小イラストを発見したのはFritzchens Fritz氏が初めてではなく、2011年頃にも同じイラストが話題になっていました。また、Athlon K75 Pluto以外にも「極小イラストが隠されたチップ」は数多く存在しており、Chipworks(現:TechInsights)が公開していた以下のページでは複数の極小イラストを確認できます。

Silicon Art Gallery 1
http://web.archive.org/web/20101121010057/http://www.chipworks.com/en/newsroom/silicon-art-library/silicon-art-gallery-1

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
たった99秒で「CPUの作り方」がわかるムービー - GIGAZINE

知られざるCPUの過去40年における性能向上と進化の歴史 - GIGAZINE

時代に影響を与えた歴史的CPU・11モデルまとめ - GIGAZINE

インテルのマイクロプロセッサが誕生40周年、その歴史をふり返る - GIGAZINE

「CPU」「GPU」「NPU」「TPU」の違いを分かりやすく説明するとこうなる - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.