エルサレムで発見された1800年前のフィギュアリン


複数の宗教の聖地となっているエルサレムで1800年前に作られたというフィギュアリン(小像)が発掘されたそうです。発掘をした考古学者たちによると見つかったフィギュアリンはかなりのレアものであるとのこと。

像の写真は以下から。
1,800-year-old figurine found in Jerusalem - Science- msnbc.com

像は4世紀~5世紀に地震で崩れたと推測されている建物の廃墟から発掘されました。この廃墟では他にも真珠のはまった金の指輪や、250枚以上の金貨など保存状態の良い埋蔵物が発見されているそうです。

発掘されたフィギュアリン。


これはローマ帝国時代に作られたもので、2インチ(約5cm)の大理石を彫ったものとのこと。

アーモンド形の目や巻き毛のあごひげが彫刻された胸像となっており、イスラエルの考古庁によると、同じような像はこれまでイスラエルでは出土していないと答えています。

考古学者たちはアスリートかボクサーを彫ったもので、おもり(文鎮とか)として使われていたと考えているそうです。

・関連記事
サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札 - GIGAZINE

カリブ海にある水中彫刻のムービーと写真いろいろ - GIGAZINE

ワシントン大聖堂にはダース・ベイダーの像がある - GIGAZINE

大学の前に違う大学のマスコット像を置くと5時間で破壊される - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log