ハードウェア

コンパクト&直交配列でキー割り当ての変更やマウスコントロールにも対応するメカニカルキーボード「Planck EZ」


エルゴノミクスに基づくキーボードを手がけるZSA Technology Labsが販売するコンパクトサイズのキーボードが「Planck EZ」です。Planck EZはキー割り当ての変更やマウスコントロール、マクロレコーディングなどにも対応し、さらにはスイッチをCHERRY MXKailh Speedから選択したり、ゲーミングデバイスのようにLEDで光らせたりすることも可能です。

ZSA Planck EZ: A Powerful, Backlit, Open-Source, 40% Mechanical Keyboard | Planck EZ | zsa.io | Store
https://www.zsa.io/planck/

Planck EZは、キー数がわずか47個でエンターやスペースなどのキーも全て同じサイズといういわゆる「40%キーボード」。幅234mm×縦82mm×高さ28mmというコンパクトサイズなキーボード。接続インターフェイスはUSBで、キーボード側はUSB Type-Cのみ。


格子状に並ぶ直交配列のキーは全てメカニカルタイプで、外周フレームを廃してキーが本体から浮き上がって見えるフローティングデザインを採用しています。


数字や記号のキーは存在せず、スペースキー左右の「LOWER」「RAISE」という特殊キーと最上列のキーを同時押しすることで入力できる仕組み。キーボード左側の「LOWER」との同時押しで記号キー、キーボード右側の「RAISE」との同時押しで数字キーとして扱われます。


キースイッチはCHERRY MX8種(茶軸/青軸/黒軸/RGB茶軸/RGB青軸/クリア軸/静音赤軸/スピードシルバー軸)とKailh5種(ゴールド/チックゴールド/ブラウン/シルバー/カッパー)、Kailh BOX4種(ブラウン/レッド/ホワイト/ブラック)から選択可能。キースイッチの一覧は以下。

Choosing your keyswitches? | zsa.io | Store
https://www.zsa.io/planck/keyswitches/


また、本体に組み込まれたブザーによって電子音の再生も可能。さらに、スイッチの下部にあるLEDによってゲーミングデバイスのような発色も可能です。


そのほか、はんだ付けを行うことなくキースイッチを変更したり、任意のキーを置き換えたり、キー入力でマウスコントロールを再現したり、1つのキー入力で複数のキーの入力を行うオンザフライマクロ機能にも対応したりしています。


Planck EZの価格は送料込みで245ドル(約2万7000円)で、ほぼ全世界に発送が可能とのこと。保証期間は2年間となっています。

ZSA Planck EZ: A Powerful, Backlit, Open-Source, 40% Mechanical Keyboard | Planck EZ | zsa.io | Store
https://www.zsa.io/planck/buy

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料で3D空間上のキーボードのデザインを手軽に確認できる「Keyboard Simulator」 - GIGAZINE

Samsungの目には見えないキーボード「SelfieType」のムービーが未来を感じさせる - GIGAZINE

指の動きだけでキーを全て入力可能なキーボード「DataHand」とは? - GIGAZINE

PCを湾曲したガラスシートで覆って「ディスプレイとキーボードを一体化する」特許をAppleが申請 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.