ハードウェア

極限までコピペに特化した「究極のプラグラミングツール」が爆誕


コピー&ペーストは、表計算ソフトへの入力からプログラムのコーディングまで幅広い分野で非常に役立つ、コンピューターを使う上で必要不可欠な操作です。そんなコピー&ペーストに極限まで特化した「究極のプラグラミングツール」が、さまざまな電子工作を行うlinear_pcm0153氏によって作り出されています。


「究極のプラグラミングツール」は、「コピ ctr+c」「ペ ctr+v」と記された2つのキーから成るキーボードです。また、RGB対応LEDを搭載しており、キーの押下に反応してピカピカと光り輝きます。


ヒモを取り付けてストラップにすることや、LEDの光り方を好みに応じてカスタマイズすることも可能です。


「究極のプラグラミングツール」は、各キーにユーザー好みの機能を割り当てられるプログラマブルキーボード「SimPad Nano」を使って作られています。


また、SimPad NanoはGateron製のキースイッチを採用したメカニカルキーボードで、キートップを自由に交換可能。そこで、linear_pcm0153氏はジェイダブルシステム製のキートップにテプラで作ったラベルを貼り付けて、「究極のプラグラミングツール」を作成したとのことです。


なお、linear_pcm0153氏のブログでは、キーボードや音響機器など、「究極のプラグラミングツール」以外にもさまざまな電子工作が紹介されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ギョロギョロ動く本物そっくりの「目」がついたウェブカメラ「Eyecam」が爆誕 - GIGAZINE

USB Type-Cに「表裏」を取り戻させる悪魔のデバイスが爆誕 - GIGAZINE

任天堂の人気タイトルを融合させた混沌過ぎる「ラボフィットアドベンチャーカート」が爆誕 - GIGAZINE

あのイヌ型ロボット「Spot」に「おしっこスタイルでビールを注ぐ機能」を追加してしまった猛者が登場 - GIGAZINE

品切れ続出のNintendo Switchを交換用パーツから1台まるごと組み上げた猛者が登場 - GIGAZINE

「Excel上で動くドラムマシン」を作成した猛者が登場する - GIGAZINE

30年前のPC-9801系互換機からGoogleへのアクセスを成し遂げた猛者が登場 - GIGAZINE

ゲームボーイでビットコインをマイニングする猛者が登場、単3電池4本で採掘可能 - GIGAZINE

Excelで「ドラゴンクエストIII」をマクロ言語なしで再現した猛者が登場、実際にプレイする様子も公開中 - GIGAZINE

全身ゴールデンな高級感があふれすぎるPS5を自作した猛者が登場 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.