試食

本家「ミルキー」に勝る圧倒的練乳味が「ミルキー観」を一新させるマクドナルド「マックシェイク ミルキーのままの味」「ワッフルコーン いちごミルキーのままの味」試食レビュー


マクドナルドが、2021年で70周年を迎えた「ミルキーはママの味」というキャッチフレーズでおなじみの「ミルキー」とコラボして「マックシェイク ミルキーのままの味」「ワッフルコーン いちごミルキーのままの味」を期間限定で提供しています。「ミルキーのまま」という高い再現度を目指したテイストになっているとのことなので、実際に食べてみました。

マクドナルド&不二家「ミルキー」初コラボ 不二家お墨付きの味の再現性!「マックシェイク® ミルキーのままの味」「ワッフルコーン いちごミルキーのままの味」4月21日(水)から期間限定販売! | McDonald's Japan
https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2021/0414a/

というわけで、マクドナルドにやってきました。


レジカウンター上のパネルでは新登場したミルキー2種がアピール中。


早速注文しました。


まずは「マックシェイク ミルキーのままの味」から飲んでみます。サイズはSサイズ(税込120円)とMサイズ(税込200円)があり、今回はMサイズで注文しています。カップにはミルキーのマスコットキャラクターから不二家全体のマスコットキャラクターへと出世を遂げたことで知られるペコちゃんが描かれています。


フタを開けて中身を見てみると、見た目的には何の変哲もないシェイクですが、顔を近づけると練乳の香りがします。


飲んでみると、まるで練乳をダイレクトに飲んでいるような圧倒的練乳感で、むしろ「練乳のマックシェイク割り」と表現したくなるほどの濃厚さ。ミルキーの最大の特徴は練乳と水飴が織りなす独特の甘さですが、その甘さをさらに強くしたような強烈なテイストです。


持参した本家ミルキーを食べて比較してみると、食べた順番も影響しているかもしれませんが、2つを食べ比べてみると、練乳感はミルキーよりもはるかに「マックシェイク ミルキーのままの味」のほうが上です。


続いては「ワッフルコーン いちごミルキーのままの味」(税込250円)を食べます。


「ワッフルコーン いちごミルキーのままの味」は、ミルキーソースといちごミルキーソースのWソースと、サクサクのいちご味のコーンクラッシュをトッピングしたソフトクリーム。ソフトクリームとワッフルコーンの間に半透明なソースがドロッとかかっているのが見えます。これがおそらくミルキーソースといちごミルキーソースのWソース。


食べてみると、こちらもソースからパワフルな練乳味がしますが、ミルクの味わいがしっかりとしたソフトクリームのボリュームがあるので、味のメインはソフトクリームという印象。いちご味のコーンクラッシュはほのかに苺の風味がありサクサク食感で、土台となるワッフルコーンと同様に味・食感にアクセントを加えていました。


マクドナルド「マックシェイク ミルキーのままの味」「ワッフルコーン いちごミルキーのままの味」は、一部店舗を除く全国のマクドナルドで購入可能。販売期間は2021年4月21日(水)~6月上旬(予定)で、朝マックでは提供されません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ミニストップのソフトクリームとスイーツを融合させた飲むデザート「グルクル」試食レビュー - GIGAZINE

スタバが日本上陸25周年を記念してコーヒーを見つめ直した「ダブルトールラテシェケラート」など新メニュー3種を飲んでみました - GIGAZINE

カントリーマアムが重量5倍になったミニストップ限定「大きなカントリーマアム」を通常版と食べ比べてみた - GIGAZINE

パイの実を17倍に巨大化させたファミマ限定「パイの実みたいなデニッシュ」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.