試食

東ハト×不二家とが夢のコラボをした「キャラメルコーン ミルキー味」を食べてみた


東ハト「キャラメルコーン」に不二家の「ミルキー」に使用されている練乳などの同じ材料を使用したフレーバー「キャラメルコーン ミルキー味」が2018年5月14日(月)から期間限定で登場しています。「東ハト×不二家 夢のコラボレーション」というフレーバーを味わってみました。

株式会社 東ハト/ニュースリリース
https://tohato.jp/news/news.php?data_number=1559

これが「キャラメルコーン ミルキー味」(税込131円)。不二家のキャンディー「ミルキー」に使用されている「練乳が加えられた蜜」と同じものが使用されています。


パッケージには不二家の代名詞ともいえるペコちゃんと「ミルキーの練乳使用ミルキー味」というフレーズで、ミルキーの存在をわかりやすく表現しています。


東ハト「キャラメルコーン ミルキー味」(左)と同じペコちゃんの表情が描かれたミルキー袋(120g:税込216円)(右)とを並べると、デザインを似せているのが良くわかります。


裏には「キャラメルコーンとミルキーの夢のコラボレーション!」とフレーバーの説明があります。


内容量は77g。原材料の表記には、「加糖れん乳(ミルキーの練乳使用)」や「ミルク風味パウダー」「脱脂粉乳、クリーム(乳製品)」「れん乳パウダー」などミルキーの存在を連想させるものが記載されています。


1袋あたりのエネルギーは432kcal。


袋を開けると、乳白色のキャラメルコーンが見えると共に、中から甘いミルク系の香りとコーンの香りが漂います。


ざらざらとお皿に取り出してみるとこんな感じ。袋を開けた時から見えていましたが、全体が乳白色なキャラメルコーンです。


大きさはノーマルのキャラメルコーンと同じぐらいに感じます。食感はふんわりサクサク、スーっとトロけるキャラメルコーンですが、練乳の濃厚な甘さを感じます。甘い練乳の香りと共にコーンの芳ばしい香りが漂います。


「キャラメルコーン ミルキー味」と「ミルキー」とはスナック菓子とキャンディーという別ジャンルですが、同じ蜜が使用されているので、味がどのくらい近いのか食べて確かめてみます。


ミルキーは練乳の甘さとクリーミーな香りを感じます。ミルキーを食べると、ミルキーと「キャラメルコーン ミルキー味」は予想以上に味と香りがとても近く感じて「コーンを加えたサクサクのミルキー」という風に感じました。


「キャラメルコーン ミルキー味」は期間限定で全国の小売店で購入可能となっています。

・関連記事
食品モチーフ入浴剤第6弾「不二家ミルキー入浴剤」新発売 - GIGAZINE

ついつい食べ過ぎてしまうほどの軽い食感「サクサクミルキー袋」試食レビュー - GIGAZINE

限定キャラメルコーン入りの「キャラメルコーントートセット」を東京駅で買ってみました - GIGAZINE

あしたのジョー・キン肉マン・巨人の星っぽいパッケージデザインで通常の3倍サイズのキャラメルコーンに挑戦 - GIGAZINE

ゴルゴ13やラムちゃんっぽいデザインのキャラメルコーン、実物はこんな感じ - GIGAZINE

国民的マンガ家たちが「キャラメルコーン」の顔を描くとこうなる - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi