×
試食

不二家と東ハトとがコラボした「不二家 ホームパイ(キャラメルコーン味)」を食べてみた


不二家と東ハトとがコラボをして、不二家のホームパイシリーズに「ホームパイ(キャラメルコーン味)」が2018年5月15日(火)から期間限定で加わっています。「ミルクキャラメルのコクとサクサク食感が後を引くおいしさ」というホームパイを食べてみました

不二家と東ハトが初のブランドコラボ!ホームパイ(キャラメルコーン味)ホームパイミニ(キャラメルコーン味)2018年5月15日(火)全国発売
(PDFファイル)https://www.fujiya-peko.co.jp/assets/pdf/press20180502_1.pdf

これが「ホームパイ(キャラメルコーン味)」(16枚・8包:税込216円)。


「ホームパイ(キャラメルコーン味)」(左)とノーマルのキャラメルコーン(右)を並べるとデザインが瓜二つなのがわかります。お店の売り場で「本当にこれがホームパイだろうか?」と思うぐらいの完成度です。ちなみに、不二家と東ハトのコラボでは、東ハトから「キャラメルコーン ミルキー味」も登場していてGIGAZINEでレビュー済みです。


パッケージ裏には、「ホームパイとキャラメルコーンの夢のコラボレーション!」と題して、コラボと味について説明があります。


原材料の表記には、ホームパイ(キャラメルコーン味)はノーマルのホームパイには含まれていない「香料(乳由来)」があります。加えて、「乳等を主原料とする食品」と「全粉乳」とが、ノーマルのものより先に記載されているのでミルク系の風味がノーマルのものより強いのが予想できます。


2枚1包あたりの内容量は10gほどで、エネルギーは56kcal。


商品1袋につき8包入っていて……


1包につき「ホームパイ(キャラメルコーン味)」が2枚入っています。お皿に移すと、芳ばしいキャラメルの香りが漂います。


「ホームパイ(キャラメルコーン味)」(右)とノーマルの「ホームパイ」(左)を比べると、キャラメルコーン味の方がやや茶色が濃いキャラメル色なのがわかります。


食べてみると、サクサク食感でほんのりと甘いホームパイ。キャラメルの香りは強めですが、香りから連想させるクドい甘さを持つがっつりした「キャラメル味」ではなく、キャラメルの香ばしい風味を700層になるというサクサクのパイにプラスしています。


ノーマルのホームパイを食べてみると、キャラメルコーン味より小麦粉やバターの香りが強く感じられます。ノーマルの後だと、キャラメルコーン味は、ノーマルのホームパイの風味を損ねないぐらいに絶妙にキャラメルコーンの風味をプラスしているのがよくわかりました。


ホームパイ(キャラメルコーン味)は全国の小売店で購入可能。ちなみに、コンビニエンスストアなどでは小さいサイズの「45gホームパイミニ(キャラメルコーン味)」も用意されています。

・関連記事
東ハト×不二家とが夢のコラボをした「キャラメルコーン ミルキー味」を食べてみた - GIGAZINE

食品モチーフ入浴剤第6弾「不二家ミルキー入浴剤」新発売 - GIGAZINE

ついつい食べ過ぎてしまうほどの軽い食感「サクサクミルキー袋」試食レビュー - GIGAZINE

限定キャラメルコーン入りの「キャラメルコーントートセット」を東京駅で買ってみました - GIGAZINE

あしたのジョー・キン肉マン・巨人の星っぽいパッケージデザインで通常の3倍サイズのキャラメルコーンに挑戦 - GIGAZINE

ゴルゴ13やラムちゃんっぽいデザインのキャラメルコーン、実物はこんな感じ - GIGAZINE

国民的マンガ家たちが「キャラメルコーン」の顔を描くとこうなる - GIGAZINE

「平家パイ」と「源氏パイ」で現代の源平合戦として食べ比べをしてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log