試食

サクサクのキャラメルコーンにかかった練乳といちごの甘酸っぱさがクセになる「キャラメルコーン・練乳いちご味」試食レビュー


あまおういちご果汁と北海道産練乳をサクサクのキャラメルコーンにかけた「キャラメルコーン・練乳いちご味」が期間限定で2020年11月2日(月)より登場しています。キャラメルコーンにはこれまでにさまざまなフレーバーが登場していますが、練乳いちご味は3年連続で登場するほどの人気とのことなので、実際にどんな味なのか食べてみました。

“あまおういちご果汁”と“北海道産練乳”を使用「キャラメルコーン・練乳いちご味」新発売
https://www.tohato.jp/news/news.php?data_number=1765

これがキャラメルコーン・練乳いちご味のパッケージ。いちごはあまおうを使用。


1袋77g入りでカロリーは427ckal。タンパク質は1.8gで炭水化物が48.3gです。


原材料名を見てみると、砂糖・植物油脂・コーングリッツと並び、その後に「加糖れん乳」「いちご果汁」の文字も確認できました。


キャラメルコーン・練乳いちご味(左)をオリジナルのキャラメルコーン(右)と比較するとこんな感じ。オリジナルの方がやや袋が大きく見えますが、内容量は80gなのでほぼ同じです。


袋から出してみるとこんな感じ。内容量は練乳いちご味の方がやや多く見えます。オリジナルには落花生が含まれている分、重くなるのかも。


1つあたりのサイズもだいたい同じです。


キャラメルコーン・練乳いちご味は袋を開けた瞬間にいちごの甘酸っぱい香りが広がるほどの強めのフレーバー。サクサクとした食感や口の中でしゅわっと溶けていくような感覚はオリジナルのキャラメルコーンと同じですが、口に入れた時のミルキーな甘さや後半に感じるほのかな酸味など、味はまったく別ものです。「いちごみるく味」と聞いて想像する味のド真ん中ですが、酸味がアクセントとなっており、ついつい手が伸びてしまうクセになる味わい。


練乳いちご味を食べたあとにオリジナルを食べると、そのキャラメルの風味とナッツの香ばしさに定番の安定した完成度をみました。まったく味の方向性が違うので、2つ並べておけば交互に食べる手が止まらなくなりそうです。


なお、キャラメルコーン・練乳いちご味の希望参考価格は税抜122円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
サクサクのパイ生地と抹茶アイス&黒蜜の和スイーツ感が融合したハーゲンダッツ「ジャポネ 抹茶パイ~ほのかな黒蜜~」を食べてみた - GIGAZINE

ラムの香りがイタリア栗入りマロンソースを引き立てる「エッセル スーパーカップ Sweet’s イタリア栗のモンブラン」を一足先に食べてみた - GIGAZINE

ハーゲンダッツに発酵バター入りキャラメルアイスと香ばしい粒アーモンドが絶妙な「キャラメルナッツクッキー」が登場したので食べてみた - GIGAZINE

香ばしい和栗のクリームでシロノワールを濃厚にした「シロノワール くまもとモンブラン」をコメダ珈琲店で食べてきた - GIGAZINE

桃の香りがするイチゴ「桃薫」や希少種「よつぼし」が食べ放題の「いちごの堺」でイチゴ狩りレポ - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.