試食

「アポロ」の甘酸っぱいいちご&まったりミルクチョコの2層構造がそのままヨーグルトになった明治「アポロヨーグルト」試食レビュー


いちごチョコとミルクチョコが2層に分かれた明治のチョコレート、アポロをヨーグルトにした「アポロヨーグルト」が2020年1月27日(月)から期間限定で登場しています。宇宙をイメージしたキャンディ入りの「宙アポロ」と同じく、発売50周年を記念して誕生したヨーグルトとのことで、どんな味になっているのか実際に食べて確かめてみました。

期間限定!!人気のアポロがヨーグルトになった!アポロヨーグルト|株式会社 明治
https://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2020/detail/20200123_02.html

2個セットになった「アポロヨーグルト」のパッケージはこんな感じ。なお、1個タイプのアポロヨーグルトは2020年2月4日(火)に登場予定です。


アポロがいちごチョコとミルクチョコに分かれているのと同じように、アポロヨーグルトもいちごヨーグルトが上層、チョコレートソースが下層の2層に分かれています。


カロリーは1個あたり83kcal。


原材料を見ると、いちご果肉やココアパウダー、いちご果汁に加え、ラズベリーピューレも入っていました。


なお、チョコレートのアポロを確認したところ、ラズベリーピューレは入っていませんでした。


パックからアポロヨーグルトを取り出し……


ふたを開けると、いちごの甘酸っぱい香りが広がってきました。


いちごヨーグルトの色は、アポロのいちごチョコと比べるとやや薄めの色合い。


食べてみると、いちごの甘酸っぱさが前面に押し出され、かなり酸味が強め。ヨーグルトの酸味もかすかに感じられます。しかし、チョコレートソースと合わせて食べると、酸味の角が取れてまろやかな口あたりに変化しました。チョコレートソースはアポロのミルクチョコとほぼ同じ味わいで、チョコレートのコクとまったりとした甘みが感じられます。


いちごヨーグルトはやや固めですが、チョコレートソースはトロトロ。


わかりにくいですが、チョコレートソースには小さないちごの果肉が入っています。いちご果肉のさっぱりとした酸味とつぶつぶ感がいいアクセントになっていました。


「アポロヨーグルト」は全国のコンビニやスーパーマーケットなどで、2個タイプ(1個あたり70g)は2020年1月27日(月)から、1個タイプ(1個あたり80g)は2020年2月4日(火)から期間限定で購入可能です。価格は2個タイプが税別210円、1個タイプが税別140円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
チョコが入っているはずのロッテ「トッポ」が激辛トムヤンクン&BBQ味になった「TOPPO TAZE」レビュー - GIGAZINE

ゴリッとした食感とゴリラのパッケージでゴリゴリな仕上がりの「ブラックサンダー ゴリゴリゴリラサンダー」を食べてみた - GIGAZINE

100年以上積み重ねた森永チョコレート技術の神髄が味わえる粉末チョコレートなど「TAICHIRO MORINAGA」全チョコ制覇 - GIGAZINE

500円のチャージとドリンク注文で2時間駄菓子が食べ放題の「駄菓子バー」に行ってきました - GIGAZINE

ブルーベリーヨーグルト味で新手の材料を使った極小うまい棒や片手で持てるリアル米袋など、古いようで新しい駄菓子の世界 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.