ネットサービス

Facebookをソロモン諸島が一時的に全面禁止へ


ネットいじめやオンライン上の名誉毀損(きそん)に対する取り組みを名目に、ソロモン諸島政府がFacebookを一時的に全面禁止すると発表しました。

Solomon Islands set to ban Facebook in the name of 'national unity' - ABC News
https://www.abc.net.au/news/2020-11-23/solomon-islands-set-to-ban-facebook-for-sake-of-national-unity/12910786


ソロモン諸島政府によると、Facebookの全面禁止は「Facebookが国家を団結させるための努力をむしばんでいる」ことが原因。今回の決定について、ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相は、「Facebookではネットいじめがまん延しており、偽名を用いるユーザーからの誹謗(ひぼう)中傷によって長年にわたって築き上げてきた人々の評判がわずか数分で破壊されてしまっています」「(Facebookの全面禁止は)国民の団結を維持するために必要な措置です」と国会で説明しました。

ソロモン諸島政府によるFacebookの全面禁止は報道時点では方針が発表された段階であり、具体的な禁止方法などについては未決の状態。ソロモン諸島政府は今後、国内のインターネットおよび電気通信プロバイダーと協議を行い、Facebookの禁止方法を決定する見込みです。

by ILO Asia-Pacific

ソロモン諸島との国際電話は非常に高額であるといった理由から、Facebookはソロモン諸島内外をつなぐためのライフラインと化しているという見方もあり、今回の決定は国民から大きな非難を浴びているだけでなく、野党からも大きく反発を受けています。野党党首のマシュー・ウェール議員は「人口の70%は30歳未満であり、Facebookをよく使用しています。今回の禁止措置は説明が不十分であり、本当に痛ましいものです」とコメントしています。

今回の禁止措置からおよそ数週間前に、ソロモン諸島政府の「経済復興を目的とした新型コロナウイルス感染症資金の具体的な使途」に関する文書がFacebook上で流出しており、今回の禁止措置もこの一件に関連するものだとみられています。

Facebookは今回の禁止措置についてソロモン諸島政府当局と話し合う予定で、「(今回の決定は)弊社のサービスを太平洋を越えて行われる重要な議論に用いている何千人ものユーザーに影響を与えます」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
FacebookなどSNSを規制しようとする動きはアプローチがそもそも間違っている - GIGAZINE

Facebookがユーザーによるニュース共有を禁止する可能性、オーストラリアの新法案を受けて - GIGAZINE

政府が殺人を正当化するためにFacebookを利用している - GIGAZINE

Facebookが罰金や9割の通信速度制限を定めるトルコのSNS規制法に真っ向から反発 - GIGAZINE

Facebookが「ヨーロッパから撤退する可能性」を示唆、EUの個人データ転送規制を受けて - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.