モバイル

iPhone 12はアクセサリなしで販売されるもののiPhone 11よりも高額になる可能性


これまでにもAppleがiPhone 12にイヤホンやアダプタなどのアクセサリを同梱しない可能性が報じられてきましたが、市場調査会社・TrendForceのアナリストも、最新のレポートで「iPhone 12にはアクセサリが同梱されない」と予測しています。

Press Center | TrendForce - Market research, price trend of DRAM, NAND Flash, LEDs, TFT-LCD and green energy, PV
https://www.trendforce.com/presscenter/news/20200825-10454.html

Analysts: iPhone 12 will ship without accessories, could be more expensive than iPhone 11 - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/08/27/iphone-12-accessories-pricing/

これまでにApple関連の確度の高い予測やリーク情報を取り扱ってきたアナリストのミンチー・クオ氏が、2020年に登場する新型iPhoneである「iPhone 12」に、イヤホンやアダプタが同梱されない可能性を予測しています。クオ氏はAppleが新型の20W電源アダプタを別個で販売する可能性を示唆していました。


クオ氏の予測と同じように、TrendForceもiPhone 12には電源アダプタや有線イヤホンの「EarPods」が同梱されない可能性を挙げています。さらに、TrendForceは登場が予想されているiPhone 12の4モデルの価格帯を以下のように予想しており、現行モデルのiPhone 11よりも高額になるとしています。

iPhone 12:699~749ドル(約7万4600~7万9900円)から
iPhone 12 Max:799~849ドル(約8万5300~9万600円)から
iPhone 12 Pro:1049~1099ドル(約11万2000~11万7300円)から
iPhone 12 Pro Max:1149~1199ドル(約12万2600~12万7900円)から

TrendForceはiPhone 12の4モデルのスペックを以下のように予測。ディスプレイサイズはiPhone 12が5.4インチ、iPhone 12 Maxが6.1インチ、iPhone 12 Proが6.1インチ、iPhone 12 Pro Maxが6.7インチ。メモリはiPhone 12/12 Maxが4GBでiPhone 12 Pro/12 Pro Maxが6GB、発売時期は10月頃と考えられています。


これまでにもiPhone 12が5Gに対応することでより高額になる可能性が報じられており、TrendForceはAppleがiPhoneのアクセサリを同梱しないことで販売価格を抑えようとしていると予測しているわけです。

これに対し、クオ氏は「AppleはiPhone 12のコスト増を消費者に転嫁することはない」と予測しており、iPhone 12はiPhone 11から値上がりすることはないと示唆しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがiPhone 12にイヤホンやアダプタを同梱しない可能性 - GIGAZINE

iPhone 12 Pro Maxのディスプレイは120Hzの高リフレッシュレートに対応か - GIGAZINE

iPhone 12のダミー筐体がケースメーカーから流出、iPhone 4ライクなデザインに回帰か - GIGAZINE

Appleが2020年第3四半期の業績を発表、新型iPhoneの発売が遅れることも明らかに - GIGAZINE

「iPhone 12」の金型&CADが流出、iPad Proのような直線的なデザインを採用か - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.