ゲーム

無料で遊べるマス目や地雷の数を自在に設定可能なマインスイーパ「Pure Skill Minesweeper」


マウスの使い方をユーザーに覚えさせることを目的としてWindowsに搭載されていたマインスイーパは、1980年代に生まれたゲームです。マインスイーパはあらかじめ決められたマス目の中で行うのが一般的ですが、エンジニアのアンドリュー・テイラー氏は、プレイヤーが自由にマス目の数や地雷を決められ、ちょっとした難しさを加えたマインスイーパを無料で公開しています。

andrewt.net / mines
https://github.andrewt.net/mines/

マインスイーパとは、フィールドの中に敷き詰められた地雷を避けながら何もないマスを選んでいくゲーム。地雷をクリックすると負けになります。

地雷がどこにあるかを知る唯一の手がかりは、地雷ではないマスをクリックしたとき、隣接する8マスにいくつ地雷があるのかが数字で表示されることです。クリックしたマスの数字が0の場合、マスの数字が1以上になるまで自動的に隣接するすべてのマスが表示されます。


また、マウスの右クリックでマスにフラグを付けて地雷だと思っているマスを記録することもできます。


テイラー氏が開発したマインスイーパは、プレイヤーが最初にクリックしたマスは絶対に地雷にならないように設計されているとのこと。ゲーム開始時に地雷の位置は仮決定で配置されており、プレイヤーが最初にクリックしたマスに応じて地雷を再配置する仕組みです。しかし、「それだけではゲームが簡単になりすぎてしまう」ということで、テイラー氏はプレイヤーの予想の裏をかくようにゲーム中に何度も地雷を再配置するシステムを採用しています。

また、プレイヤーはマスの幅(Width)、高さ(Height)、地雷の数(Mines)を好きなように設定することが可能。「Start」を押せばマインスイーパで遊ぶことができます。


テイラー氏が開発したマインスイーパは下記のURLから実際に遊ぶことができます。

andrewt.net / mines
https://github.andrewt.net/mines/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
マインスイーパを複数人同時にエンドレスでプレイできる「Minefield」 - GIGAZINE

XPまであったゲーム「ピンボール」がWindows Vistaから消えた知られざる理由とは? - GIGAZINE

山勘や妥協は一切許されない残酷なまでに厳しいマインスイーパ「Kaboom」 - GIGAZINE

マインスイーパーやソリティアに続くゲームを何にすべきか、Microsoftが投票募集中 - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.