レビュー

マインスイーパを複数人同時にエンドレスでプレイできる「Minefield」

By tim rich and lesley katon

マインスイーパといえば、マス目でできた地雷原の中から地雷を探して旗をたて、次の地雷を探してまた旗をたて……という作業を繰り返す、地味ながらもプレーし始めるとなかなか止められない魔性のゲームです。そんなマインスイーパをエンドレスかつ複数人と同時にプレーできるのが「Minefield」で、HTML5で構築されているのでブラウザで開けば簡単サクサクに遊べるゲームになっています。

Minefield, HTML5 Massively Multiplayer Online Minesweeper
http://mienfield.com/


上記サイトにアクセスすると、そこは既に地雷原でした。

Minefieldにアクセスするとそこは既に地雷原だった - YouTube


初回アクセス時は他ユーザーがせっせと地雷を探しまくっている様子に驚きますが、これがMinefieldなのです。


というわけで早速プレーしてみます。グレーのマスを左クリックすると……


数字が出現。この「2」という数字は「このマスの周りにある8個のマスの中に2つ地雷があるよ」という意味。


「このマスに地雷があるのでは…?」という場合は右クリック。


本当にそのマスに地雷があった場合、プレーヤーにポイントがプラスされ……


そのマスには地雷があるよという目印の旗がたちます。


また、間違えて地雷マスを左クリックしてしまうと……


ポイントが大幅にマイナスされます。こんな感じで地雷を見つけては旗をたててポイントを稼ぎまくる、というのがMinefieldの遊び方です。フィールドは無限大なので終わりはありません。


次にMinefield画面に表示されているアイコンを見ていきます。画面右上にはMinefieldのマップがあるので、ここにあるアイコンをクリック。


するとこんな感じで大きなマップを見ることが可能になります。フィールドは無限なので表示されているのはごく一部のエリアであり、未開の地雷原はそこら中にたくさん存在しているわけです。


適当なエリアで画面左下のアイコンをクリック。


すると地雷原に戻ります。


画面下部にはこんな表示があり、オレンジ色部分にはユーザーが集めたポイントの合計が表示され、紫色の部分には左から「Minefieldについて」「ランキング」「カレンダー」「テレポート」「チャット」を表示するためのアイコンが配置されています。


地図の下にあるこれはプレーヤーのステータスボードで、どれだけの地雷を発見したり、ミスをしてきたのかが表示されます。


ここにある人型アイコンをクリック。


するとプレーヤーのプロフィールを変更可能……といっても変更できるのは名前のみ。


なお、1度プレーした成績を次回プレー時に引き継ぎたい場合は、画面下半分にあるテキストボックスにメールアドレスを入力して「SIGN IN」をクリックすればOK。入力したアドレス宛にMinefieldからメールが届き、そのリンクをクリックすれば途中からゲームを再開できます。


プロフィール画面で「STUFF」をクリックすればこんな画面が開き、カーソルや地雷を発見した際にたてる旗のデザインを変更できます。


というわけで、今度は実際にMinefieldをプレーしてみることに。

Minefieldを実際にプレーしてみた - YouTube


デモンストレーションのつもりでポチポチと地雷を探していたのですが、気づくとマイナス127ポイントになっていました。そこから地道に地雷を発見しまくることで……


ポイントはプラスにまで持ち直しました。


さらにポチポチ。


プレーしていて気づいた点ですが、地雷に旗をたてると得られるポイントは、それぞれの地雷により違います。


難易度の高い地雷を発見するとその分得られるポイントは大きいものでした。


そうこうしている内に気づけば1000ポイントをオーバーしていたので……


画面下部のランキングボタンをクリック。


他のユーザーの成績を見てみると……。高性能な地雷探知機になるにはまだまだ地雷を発見しなければいけない模様。


プレー中には他ユーザーがやってきて地雷を発見してくれる場面もあり、1人でプレーしていてもふとした瞬間に1人じゃないことを思い出させてくれます。

地雷原に他プレーヤーが乱入してきた - YouTube


そんなこんなで最終的には、約2時間のプレーで、999個のマスを解放し、199個の地雷を発見、6回地雷を爆発させ、7回地雷のないマスに旗をたて、ポイントは約1400ポイントたまったのでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
シンプルだが中毒性が高いHTML5で構築されたバブルゲーム - GIGAZINE

735バイトで書かれたHTML5のモダンアート風描画ジェネレーター - GIGAZINE

HTML5で遊べるiOSからの移植シューティングゲーム「グランダリウス」 - GIGAZINE

無料でHTML5を使った広告やアニメーションが直感的に作れる「Google Web Designer」ベータ版でアニメーションを作ってみました - GIGAZINE

IE10とHTML5の組み合わせでサイトパフォーマンスが30%向上する - GIGAZINE

HTML5の説明文が読み札、タグが絵札のカルタ「HTML5KARUTA」 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.