レビュー

オープンソースでプライバシーに配慮されたGoogle Analytics代替ソフト「GoatCounter」レビュー


ウェブサイトのアクセス解析にはGoogle Analyticsがよく利用されますが、「トラッキングが心配」という人もいるはず。オープンソースで個人利用は無料の「GoatCounter」を使うと、ユーザーをトラッキングせず、Cookieなしでユニークユーザーを集計し、アクセス解析を行うことができます。

GoatCounter web analytics
https://www.goatcounter.com/

まずはGoatCounterのトップページにアクセスして「Sign up」をクリック。


アクセス解析を表示するページのURLの一部となる「Code」やアクセス解析対象のウェブサイトのドメイン名、メールアドレス、パスワード、簡単なキャプチャを入力して「Sign up」をクリックします。


すぐにアクセス解析を表示するページが表示されました。まだGoatCounterにデータを送信していないので、アクセス解析には何も表示されていません。


GoatCounterにアクセス情報を送信するには、Google Analyticsと同じように、アクセス解析を行いたいウェブサイトにトラッキングコードを埋め込めばOK。


データが送信されると、アクセス状況が表示されるようになります。


アクセス解析を表示するページ上部では、任意の期間や、直近の日、週、月、四半期、半年、年といった表示期間を設定することができます。今週、今月で期間を指定することも可能です。


グラフは1時間ごとのページビュー数を表示しています。


「Top referrers」クリックすると、リファラごとのアクセス数を表示することができます。


アクセス先のファイル名をクリックすれば、アクセス先ごとにリファラの情報を表示することも可能。


「View by day」にチェックを入れると、グラフが1時間単位ではなく1日単位で表示されるようになります。


ページ下部にはブラウザやOS、スクリーンサイズ、アクセス元の場所の割合をグラフで確認することができます。


GoatCounterは個人利用は無料で、ひと月あたり10万ページビューまで解析を行うことができます。商用利用やさらに多くのページビューがあるウェブサイトを解析したい場合は、月額15ユーロ(約1800円)のBusinessプランや、月額30ユーロ(約3600円)のBusiness Plusプランが用意されています。


なお、GoatCounterはGitHubにソースコードが公開されており、バイナリファイルをコンパイルして自分でアクセス集計サーバーをホストすることも可能です。

zgoat/goatcounter: Easy web analytics. No tracking of personal data.
https://github.com/zgoat/goatcounter

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コマンド一発でウェブサイトのアクセスログをターミナルやウェブブラウザで可視化できる「GoAccess」レビュー - GIGAZINE

ネットの速度や遅延をサクッと&詳細に計測できるスピードテストサイトがCloudflareから登場 - GIGAZINE

QRコードを読み取るだけでWi-Fiにログインできるカードを簡単に作成できる「WiFi Login Card」 - GIGAZINE

AWSやGCPといったクラウドサービスのセキュリティ項目を無料で監査できるオープンソースソフト「Scout Suite」レビュー - GIGAZINE

Googleアナリティクスでユーザーを分類・分析するための「UTMパラメーター」の使い方とURLの生成方法 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.