サイエンス

「子どもは新型コロナウイルス感染症が重症化しにくい」とアメリカ疾病予防管理センター(CDC)が確認


2020年4月6日、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)がアメリカ国内での調査から「子どもは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染しづらく、感染しても重症化しづらい」という結果が出ていることを明かしました。CDCは「小児のCOVID-19患者は発熱・咳が出ないケースも多く、無自覚のうちに伝染を広める可能性がある」と警告しています。

Coronavirus Disease 2019 in Children — United States, February 12–April 2, 2020 | MMWR
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/69/wr/mm6914e4.htm

CDC releases first US data on COVID-19 cases in children | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2020/04/cdc-reports-data-on-2500-covid-19-cases-in-kids-including-3-deaths/

2020年2月17日、中国伝染病予防・管理センターが、「COVID-19は子どもではほとんど重症化しないが、年齢が上がるにつれて重症化の確率が高まっていく」という研究を発表。研究の詳細は以下の記事を読めばわかります。

新型コロナウイルスの致死率は2.3%で80%以上は軽度症状、ただし致死率は年齢で大きく差が出る - GIGAZINE


CDCが発表したのは、研究対象を「子ども」に絞った同様の研究です。CDCは2020年2月12日から4月2日の間にアメリカ国内で感染が確認された18歳未満の子どもを詳細に分析。子どもが感染する確率や、子どもの病状などを調査しました。

調査の結果、CDCは「子どもはCOVID-19に感染しにくい」「子どものCOVID-19は重症化しにくい」と確認しました。アメリカにおいて18歳未満の子どもは人口の22%を占めていますが、年齢が確認できた国内感染者14万9082人のうち、18歳未満の子どもはわずか2572人(約1.7%)でした。18歳未満の感染者2572人のうち、1歳未満の子どもは398人(15%)、1~4歳は291人(11%)、5~9歳は388人(15%)、10~14歳は682人(27%)、15~17歳は813人(32%)です。

また、性別的には、子どもの感染者の57%が男性でした。アメリカ国内の成人の感染者は53%が男性であるため、18歳未満ではやや男性が感染しやすいという傾向が出ています。また、感染経路が判明している184人のうち、16人(9%)が旅行による感染で、168人(91%)が家族あるいはコミュニティからの感染でした。


重症化について、入院状況の確認が取れたのは、18歳未満の子どもの感染者のうち745人(29%)、18~64歳の大人では3万5061人(31%)であるため、全感染者の入院状況を把握できたわけではないとのこと。CDCは、「子どもの感染者のうち入院が必要だった割合は5.7~20%で、集中治療室(ICU)に搬送された割合は0.58~2.0%。一方、大人の感染者のうち入院が必要だった割合は10~33%で、ICUに搬送された割合は1.4~4.5%」と推定しています。ただし、子どもの入院者は、1歳未満の乳児が最も高い割合(推定15~62%)を占めており、1~17歳の子どもが入院する確率は推定4.1~14%と低めでした。

以下のグラフは入院状況の確認が取れた18歳未満の患者を、年齢ごとに「ICUに搬送された(ICU:薄い青色)」「入院した(Hospitalized:濃い青色)」「入院すら必要なかった(Not hospitalized:黒色)」で分類し、それぞれの割合を示したものです。「<1(1歳未満の乳児)」のグラフを見ると、青色の割合が圧倒的に多く、乳児の半数以上が入院を必要としていたことがわかります。一方、1歳以上の年齢では、年齢が上がっても、それぞれの色の割合にはそれほど差は見られません。CDCは「1歳以上では年齢によって入院状況にばらつきはなかった」と記しています。


18歳未満の子どもと、18~64歳の大人の病状を比べた表が以下。左側の列が「Pediatric(子ども)」が示した症状の件数、右側が「Adult(大人)」の示した症状の件数で、括弧内は割合を示しています。症状は上から順に「Fever,cough,or shortness of breath(発熱、せき、息切れのどれか1つ以上)」「Fever(発熱)」「Cough(せき)」「Shortness of breath(息切れ)」「Myalgia(筋肉痛)」「Runny nose(鼻水)」「Sore throat(喉の痛み)」「Headache(頭痛)」「Nausea/Vomiting「吐き気・嘔吐」」「Abdominal pain(腹痛)」「Diarrhea(下痢)」となっています。COVID-19の基本的な症状である「発熱、せき、息切れ」の項目を見ると、子どもは73%、大人は93%となっており、基本的な症状すら出ない子どもが多くいることがわかります。


以上の結果から、CDCは「子どもがCOVID-19に感染しても、常に熱やせきが出るとは限りません」と指摘し、「子どもを含む無症候性感染者がCOVID-19を伝染・拡散している可能性が高いため、全ての年齢層の人々が社会的距離を置き、日常的な予防行動をとることが推奨されます」と結論付けています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスの致死率は2.3%で80%以上は軽度症状、ただし致死率は年齢で大きく差が出る - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策に「布マスク」の着用をアメリカ疾病予防管理センターが推奨、簡単に作れる「布マスクレシピ」もムービーで公開 - GIGAZINE

布マスクの着用方法とバリエーション豊富な作り方をアメリカ疾病予防管理センターが公開 - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策に有効な「社会的距離をとるための具体的な方法」を専門家がわかりやすく解説するムービー - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策には「石けん」がアルコール消毒液より効果的である理由とは? - GIGAZINE

600万回以上も再生された「感染拡大を遅らせることがいかに大切か」が一発で分かるムービー - GIGAZINE

学校閉鎖は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐのに役立つのか? - GIGAZINE

急遽学生に対し自宅学習を行わざるを得なくなったアメリカの現状とは? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.