ハードウェア

iPadの登場から10年たっても改善されない「iPadの失敗」とは?

By Dennis Brendel

タスク管理や資料作成、絵の描き方など、iPadを仕事に生かす方法が、メディアやSNSなどで定期的に公開しています。2020年にiPadは登場から10年目を迎えましたが、未だにメディアで「iPadを仕事に生かす方法」が紹介され続けている現状こそが「iPadの失敗」であると、スイスのソフトウェアエンジニアであるルーカス・マティス氏が指摘しています。

ignore the code: The Failure of the iPad
http://ignorethecode.net/blog/2020/01/29/the_failure_of_the_ipad/

マティス氏によると、Macが登場してから10年後の1994年頃、「Macを仕事に生かす方法」を紹介するメディアは存在しなかったとのこと。MacというPCが各業界に浸透しており、「Macを持っている人はほぼ全員、既にMacを実際の仕事で活用していました。そのため、メディアは『Macを実際の仕事に生かす方法』を紹介する必要がなかったのでしょう」とマティス氏は述べています。


スティーブ・ジョブズ氏がiPadを発表したとき、ジョブズ氏は「全く新しいユーザーインターフェースを持つ生産性デバイス」としてiPadを紹介しました。

アップル社待望のタブレットPCの新名称は「iPad」 - GIGAZINE


ジョブズ氏はiPadの存在を車に例えています。アメリカにおける主要な乗り物が、トラックから車へと変化したのと同様に、iPadは、コンピューター界におけるトラック、つまりデスクトップ・ラップトップPCに取って代わるものになるとジョブズ氏は宣言していました。

しかし、10年間でPCとして普及したMacとは異なり、iPadは登場から10年たっても「PCに取って代わるもの」として普及していないことをマティス氏は嘆いており、「iPadは、次時代のパーソナルコンピューティングにおける先駆けとなるはずでした。しかし、どういうわけか、iPadは次世代のPCではなく、優れたグラフィックのタブレットという存在になってしまったのです」と語っています。


マティス氏はiPadが「PCに取って代わるもの」として普及しなかった問題について、2つの原因を挙げています。まず1つはiPadOSの存在です。

iPadが「ファイルではなく、アプリベースのユーザーインターフェースである」という点が、生産性デバイスとして最も痛手であるとマティス氏は述べています。App Storeに依存したアプリベースのユーザーインターフェースは、ゲームをしたり、ウェブを閲覧したり、メールに返信したりするのには適しています。しかし、ファイルを扱うことがメインになる生産的なビジネスでは、資料や記事などを作成するだけでも、PDFやリンク、画像、グラフのデータを含むスプレッドシート、テキストファイルなどを収集する必要があります。

多くのデータを収集する必要がある作業では、ファイル中心のユーザーインターフェースを提供するMacのようなPCの方がうまく機能します。データ収集が前提となる作業は、アプリ中心のiPadには適しておらず「うまく機能しているとは言えない」とマティス氏は主張しています。

また、iPadではアプリ間でデータを移動したり、一度に複数のアプリをディスプレイに表示させたり、スムーズにアプリを切り替えたりするのは難しく、マルチタスクとアプリの相性の悪さにも問題があるとマティス氏は述べています。

「iPadOS」で新たに追加された機能を実際に使ってみた - GIGAZINE


マティス氏は、2つ目の問題としてApp Storeを挙げており、「iPadにとって本当に痛手である」と語っています。

1984年に初代MacであるMacintosh 128Kが登場した頃、シングルタスクが当たり前で、マルチタスクという考え方はありませんでした。Mac OSの主要なソフトウェア設計者であったアンディ・ハーツフェルド氏が、Appleを退社後に疑似マルチタスクを実現するためのソフトウェア、「Switcher」を独自に開発し、Switcherを売って流通させることに成功しました。Switcherは、後にMultiFinderの原型になっています。

MacのようなPCは、有志が作ったフリーソフトやシェアウェアを自由にインストールすることで便利なツールを追加したり、操作を快適にしたりすることができます。しかし、iPadはAppStoreからアプリをインストールすることで機能を追加するため、例えiPadを便利するソフトウェアを開発した人がいたとしても、AppStoreに登録できなければ、そのソフトウェアをiPadにインストールすることはできません。

マティス氏は、「誰がiPad用のSwitcherを設計できるのでしょうか? 誰もいません。いたとしても、Switcherのようなソフトウェアはアプリではないため、App Storeに登録できないので販売できません。1年、あるいはそれ以上を費やして、驚異的で画期的な新しいアプリや、iPadのデスクトップパブリッシングに相当するものを作ろうとしている人はいるのでしょうか? AppleがApp Storeに登録しないと判断してしまえば、すべての機能が台無しになる可能性があるのです」と語っており、App Storeの存在がiPadの機能を改善するような新しいシステムの誕生を阻害していると主張しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPadは「大きなiPhone」から10年間でどのように進化してきたのか?iPad誕生から10年を一気に振り返るとこんな感じ - GIGAZINE

元Appleの重鎮が指摘する「Apple製品から失われてしまったもの」とは? - GIGAZINE

Appleに特許をパクられアプリをストア上から削除され危機的状況に陥った企業がティム・クックに直接涙の訴え - GIGAZINE

3万円台から購入できてiPad OS&Smart Keyboard&Apple Pencilにも対応した第7世代「iPad」フォトレビュー - GIGAZINE

Appleにアプリを丸パクリされても許容するサードパーティー開発者の胸中とは? - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.