サイエンス

石油メジャー最大手が40年前から地球温暖化による気候変動を予測していた

by Bill Dickinson

2019年5月、温室効果ガスである二酸化炭素の濃度が415ppmを突破し、観測史上最高値を記録しました。実はアメリカの石油メジャー最大手・エクソンモービルは40年も前から、化石燃料によって大気中の二酸化炭素濃度が危機的なレベルに上昇する正確な予測を立てていながら、企業利益のために世論を誤った方向へ誘導するキャンペーンを行っていたことが判明しました。

Exxon's Own Research Confirmed Fossil Fuels' Role in Global Warming Decades Ago | InsideClimate News
https://insideclimatenews.org/news/15092015/Exxons-own-research-confirmed-fossil-fuels-role-in-global-warming

Exxon Knew about Climate Change Almost 40 Years Ago - Scientific American
https://www.scientificamerican.com/article/exxon-knew-about-climate-change-almost-40-years-ago/?redirect=1

The Compost | 05.20.2019 #ExxonKnew
https://thecompost.io/articles/exxonknew


環境問題を中心に取り上げるメディアInsideClimateの調査によって発見されたエクソンの(PDFファイル)社内文書によると、当時すでにエクソンは二酸化炭素濃度の上昇や気候変動について多くの知識を得ており、2020年には大気中の二酸化炭素濃度が400~420ppmになると予測していました。

1970年代から、エクソンは地球温暖化について研究するため、一流の研究者を雇って二酸化炭素サンプリングや厳密な気候モデルの構築を行っていました。さらにエクソンは、海洋がどれほどの二酸化炭素を吸収するのかを調査するために多額の資金を費やしており、前例のないレベルで気候変動についての科学的研究をしていたそうです。

1978年にはジェームズ・ブラック氏という研究者が、化石燃料から排出された二酸化炭素によって気候変動が発生し、海面上昇や農業への悪影響などが予測されるとエクソンの幹部らに報告したとのこと。ブラック氏は二酸化炭素濃度の上昇を食い止めるためには、1978年の時点で「残り10年以内に行動を起こすべき」と主張していました。

by Oleksandr Pidvalnyi

エクソンはその後も地球温暖化などに関する研究を進めていましたが、1988年にNASAの科学者であるJames Hansen氏が地球温暖化を訴えた後、エクソンは地球温暖化の根拠に科学的疑問をぶつけるキャンペーンを展開。温室効果ガスの削減を目指す動きに対し、公然と挑戦するロビー団体Global Climate Coalitionの創設を支援するなどしました。

結果的にエクソンの取り組みは、アメリカや中国、インドといった国々が京都議定書の批准に拒否するなど、地球温暖化に対する国際的な取り組みを鈍化させることに成功しています。1978年の時点で地球温暖化について認識していたにもかかわらず、エクソンは気候変動を否定するシンクタンクに多額の資金提供を行い、世間に地球温暖化についての誤った認識を広めたとのこと。

気候学者のMichael Mann氏は、企業や世間が地球温暖化への対策を先送りにしてきた膨大なコストに対し、今こそ向き合わなくてはならないと述べました。

by Paul Cunningham

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
地球上の二酸化炭素濃度が観測史上最高値を記録 - GIGAZINE

400万年ぶりに南極で二酸化炭素濃度が400ppm到達、観測史上最高濃度に - GIGAZINE

地球から二酸化炭素を減らすための4つの技術を実現できるスタートアップをYコンビネータが募集 - GIGAZINE

二酸化炭素の流れを地球規模で可視化した圧巻のムービー - GIGAZINE

大気中の二酸化炭素濃度が上がってハチがいっぱい死んでいく理由 - GIGAZINE

大気中の二酸化炭素濃度が上昇すると作物の栄養価が低下してしまうことが判明 - GIGAZINE

アリが大気中の二酸化炭素を減少させていることが25年がかりの研究で判明 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.