モバイル

サムスンが世界初の折りたたみディスプレイスマホを2019年に市場投入へ


Samsungが開発中の折りたたみできるスマートフォンを2018年内に正式発表することがわかりました。「世界初の折りたたみスマートフォンメーカー」の称号を得るため、2019年の発売をSamsungは狙っています。

Samsung unveiling a foldable smartphone this year
https://www.cnbc.com/2018/09/04/samsung-unveiling-a-foldable-smartphone-this-year.html

Samsung Rumored to Debut First Foldable Smartphone This Year - Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2018/09/04/samsung-foldable-display-smartphone/

Samsungのモバイル部門のトップであるDJ・コーCEOが、CNBCの取材を受けて「開発中の折りたたみ式スマートフォンについて2018年内に発表できる見込みである」ことを明らかにしました。2018年11月にアメリカ・サンフランシスコで開催されるSamsung Developer Conference 2018での発表が濃厚です。


コーCEOによるとスマートフォンに「折りたたみできるディスプレイ」を搭載するための技術開発は難航したそうですが、すでに開発は完了しているとのこと。ただし、「すべてのデバイスや機能、イノベーションは、エンドユーザーに対して意味のあるメッセージを伝える必要があります。ユーザーの手に渡った時に、『おー!これがSamsungが折りたたみ式スマホを作った理由だったのか』と伝わらねばなりません」とも語っており、既存のスマートフォンやタブレットとは違った「折りたたみ式」ならではのユーザー体験が不可欠だと考えています。

元々、Samsungはハイエンドの大画面スマートフォン(ファブレット)である「Galaxy Note」シリーズ向けに「折りたたみ式ディスプレイ」を開発していたとみられており、その場合、ブックタイプで折り返す巨大なディスプレイデザインを採用するのが有力です。


また、「横」方向ではなく「縦」方向に折りたたむ「財布」タイプの可能性もあり。大画面化が進むスマートフォンには「折れ曲がり問題」がありますが、このスタイルであればジーンズのフロントポケットに入れられそうです。


なお、「折りたたみスマートフォン」を市場投入しようとしているのはSamsungだけではなく、Appleも有力なライバルだという見立てもあります。Appleは折りたたみ式スマートフォンのための関連特許を多数、出願していることで知られており、さらに折り曲げ可能なフレキシブルディスプレイを開発するLGと良好な関係にあり、折りたたみiPhoneを共同開発していても不思議ではありません。

Appleが新たに折り畳みスマホの特許を出願していたことが判明 - GIGAZINE


将来のiPhone搭載に向けてLGが1兆円超の有機ELディスプレイ設備投資を決定 - GIGAZINE


Appleは折り曲げ可能な有機ELディスプレイをLGと共同開発、2020年以降に「フォルダブルiPhone」が登場か - GIGAZINE


「世界初の折りたたみスマートフォン」を目指すSamsungは、2019年前半にもゲーミングスマートフォンなどの特定用途に限定したモデルとして折りたたみスマートフォンを市場投入する予定で、市場の反応が良ければ2019年内にメインストリームとして折りたたみスマートフォンを投入する計画だと予想されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「折り畳みスマホ」の実現が近づくか、サムスンの「割れないスマートフォンディスプレイ」が性能・安全基準の「UL認証」を取得 - GIGAZINE

折りたたみスマホ「Samsung Galaxy X」ウワサまとめ、大画面化の新機軸を打ち出すスペシャルモデルになる可能性 - GIGAZINE

Samsung製のスマホで撮影した写真が無断で送信されるバグが発生 - GIGAZINE

サムスンが世界最大の携帯電話工場をインドにオープン - GIGAZINE

ガラケー風デザインのAndroid搭載スマホ「W2014」、価格はなんと16万円 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.