×
試食

揚げたての唐揚げにピリ辛タレをかけた伝説のすた丼屋の「やみつき辛旨”よだれ”唐揚げライス」はご飯がガツガツ進む一品


大ぶりの鶏のから揚げにピリ辛ダレとシャキシャキな生玉ねぎをかけた定食「やみつき辛旨”よだれ”唐揚げライス」が、伝説のすた丼屋・名物すた丼の店で2018年6月18日(月)から登場しています。想像しただけでよだれが出るほど美味しいという由来の四川料理よだれ鶏をすた丼屋流に融合し、「猛暑でも食欲を刺激する一品」に仕上がっているとのことなので実際に食べてきました。

【期間限定】6/18(月)発売★「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」 | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】
http://sutadonya.com/2018/06/08/【期間限定】618月発売★「ピリ旨!すたみなよ/


伝説のすた丼屋に到着。


お店の前には新メニューの唐揚げを使った定食「やみつき辛旨”よだれ”唐揚げライス」の登場を知らせるパネルがあります。


「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」は 唐揚げの数を3タイプから選べ、唐揚げ6個の「ミニ鬼」盛り、8個の「鬼」盛り、唐揚げ12個の「超鬼」盛りがあります。今回は、「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」を唐揚げ8個の「鬼」盛りで注文します。


唐揚げ8個が山盛りになった「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」(鬼盛り:税込880円)が到着。ご飯・みそ汁・唐揚げのセットとなっています。


総量約280gにもなるという唐揚げの山盛りと、交通系ICカード(長辺8.5cm)を並べると唐揚げの山の大きさがよくわかります。


山のようにそびえた唐揚げの山頂には刻みねぎがかぶせられています。


唐揚げには「辛すたダレ」と「オリジナル甘辛ダレ」を合わせた「やみつき辛味旨ダレ」がかけられていて、醤油ベースの甘い香りとスパイシーな香りが漂います。


唐揚げの山の下には、みじん切りになった生の玉ねぎと、千切りキャベツが敷かれています。


唐揚げは大ぶりで1個あたりの大きさは約5cm角ほどと一口サイズよりやや大きめ。唐揚げは、すた丼のタレである「秘伝のニンニク醤油ダレ」をベースにした特製ダレに漬け込んでニンニクを効かせた「すたみな唐揚げ」に、やみつき辛味旨ダレをかけたものとなっています。


注文を受けてから店内で揚げている唐揚げは熱々で、衣は薄くてパリパリ。ニンニク醤油ダレに漬け込まれた鶏肉は柔らかくて、噛むと旨味を含んだジューシーな肉汁と、ニンニクのパンチで口の中が満たされます。


唐揚げにかけられているトロっとしたやみつき辛味旨ダレは、オリジナル甘辛ダレに水あめやニンニク、レモン汁、そしてゴマ油をブレンドした甘辛い味付け。はじめは甘さと醤油の塩味を感じますが、食べ進めるごとにコショウの熱い辛さと山椒(サンショウ)のピリピリした辛さが増してきて、「ご飯と相性も良く、箸が止まらなくなる味わい」といううたい文句に納得できる仕上がり。甘い味付けとジューシーな鶏肉で辛いものが苦手な人でもない限り、食欲が刺激されてご飯が進むはず。


甘辛いタレとサクサクジューシーな唐揚げを食べて……


ご飯でかき込み……


千切りキャベツでサッパリとさせて、また唐揚げを食べるというサイクルで唐揚げの山を減らしていくことができます。


たっぷりとある千切りキャベツは、唐揚げにのせてシャキシャキの食感をプラスしてもグッド。


辛味旨ダレはシャキシャキのキャベツと玉ねぎとも相性がぴったりで、この組み合わせでもご飯が進みます。「やみつき辛旨”よだれ”唐揚げライス」は成人男性が空腹を満たすのに十分過ぎるほどのボリュームでした。


「やみつき辛旨”よだれ”唐揚げライス」は唐揚げ6個の「ミニ鬼」盛りは税込800円、8個の「鬼」盛りは税込880円、12個の「超鬼」盛りは税込1080円となっています。全国の伝説のすた丼屋・名物すた丼の店で注文できますが以下の店舗では注文できないので注意してください。

◆やみつき辛旨”よだれ”唐揚げライス提供対象外店舗一覧
・御徒町店
・高田馬場店
・中野新橋店
・み~さんの店
・福生牛浜店
・八王子東浅川店
・青梅河辺店
・与野駅前店
・東大和店
・郡山安積店
・ゆめタウン廿日市店

・関連記事
ニンニクしょう油の風味でパンチの効いた「伝説のすたみな唐揚げ」がたっぷり盛られた「すたみな唐揚げ丼」「すたみな唐揚げライス」を伝説のすた丼屋で食べてきました - GIGAZINE

鬼盛りの唐揚げの山に圧倒されること必至な「てりたま鬼盛りすたみな唐揚げ丼」を伝説のすた丼屋で食べてきた - GIGAZINE

濃厚なとんこつダレの豚バラ肉で博多ラーメンを表現した「博多豚骨”MTK”すた丼」を伝説のすた丼屋で食べてみた - GIGAZINE

塩ダレのホルモン&豚バラ肉+とろろをご飯にのせた総重量約800gの「”トリプルすたみな”がっつき塩ホル丼」を伝説のすた丼屋で食べてきた - GIGAZINE

タレをかけるだけでピリ辛四川料理の味付けを再現できる「よだれ鶏のたれ」で実際に調理してみた - GIGAZINE

柔らか国産蒸し鶏肉にピリ辛なタレの四川料理「よだれ鶏」全2種類を餃子の王将で食べてみた - GIGAZINE

甘辛ダレが絡んだ唐揚げを白ご飯にぶっかけて食べる「元祖中津かけるからあげ」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log