試食

牛・豚・鶏のお肉のオールスターがそろった夢のコラボ丼「トリプルすたみな爆肉丼」を伝説のすた丼屋で食べてみた


ボリューム満点の丼を提供することでおなじみの「伝説のすた丼屋」のメニューに2019年11月29日(金)のいい肉の日から期間限定で、「牛」「豚」「鶏」という3種類のお肉を合わせたトリプル丼「トリプルすたみな爆肉丼」が加わっています。3種類の肉が合わさるとどんな食べ心地なのか気になったので、実際に店に足を運んで確かめてみました。

【期間限定】11/29(金)登場★「トリプルすたみな爆肉丼」 | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】
https://sutadonya.com/2019/11/22/【期間限定】1129金登場★「トリプルすたみな爆肉/



伝説のすた丼屋に到着。


さっそく店の中に入って注文。注文から15分ほどすると、「トリプルすたみな爆肉丼」(税込990円)が運ばれてきました。


交通系ICカードとサイズを比べるとこんな感じで、かなり高さがあります。


中でもヒレかつはかなり大きく、1枚で丼の4分の1ほどを占領してしまっています。


トリプル丼ということで、丼には牛カルビとマヨネーズがかかったヒレかつ、そして唐揚げ3個が豪快に盛り付けられています。牛カルビはたまねぎとにんにくの芽と一緒に炒められており、にんにくの芽の緑が彩りを与えています。


まず牛カルビを一口頬張ると、柔らかい肉にたっぷりかかった焼肉ダレの濃厚な甘みが口の中に押し寄せてきました。さらに肉をかみしめると、牛肉とたまねぎのうまみが濃縮されたようなジューシーな肉汁があふれ出てきます。


次はヒレかつを食べてみます。サクサクのとんかつに食欲をそそるソースとスパイシーなにんにくマヨネーズが組み合わさって、思わずもう一口食べてしまうほどの味わい。


最後に唐揚げを食べてみると、これまで牛カルビ、ヒレかつとスタミナあふれる肉を食べてきたせいか、少しあっさりとした印象を受けます。肉をかみしめると漬け込まれたにんにく醤油だれの香ばしい風味が感じられました。


丼の一角にはシャキシャキの千切りキャベツが盛り付けられていて、肉の脂にまみれた口をさっぱりさせてくれます。牛、豚、鶏とそれぞれ異なる食材とそれにぴったりの味付けがされているので、飽きることなく食べ進められるまさにスタミナたっぷりの一品。


「トリプルすたみな爆肉丼」は2019年11月29日(金)から期間限定で提供されていて、価格は税込990円です。なお、「トリプルすたみな爆肉丼」は伝説のすた丼屋の肉の日キャンペーンの対象外メニューで、御徒町店・ダイバーシティ東京プラザ店・中野新橋店・み~さんの店・談合坂SA(下り線)店・清水PA店・Pasar蓮田(上り線)店では取り扱われていないとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
牛カルビの肉の旨みをピリ辛な春雨が引き立てる「特製チャプチェ牛カルビ重」をなか卯で食べてきた - GIGAZINE

山盛りの食べるラー油・メンマに花椒スパイスをマシマシにできる「食べラー・メンマ牛丼」「食べラー・メンマカレー」をすき家で食べてきた - GIGAZINE

とろろが炭火焼き鶏にからむ「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」など大戸屋の新メニュー2種を食べてきた - GIGAZINE

吉野家が国会議事堂用に開発した限定「牛重」を羽田空港で食べてきた - GIGAZINE

スパイスの効いた肉をガッツリ楽しむカレー居酒屋「YELLOW」の冬限定鍋コースなど新メニュー4種類を食べに行ってきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.