試食

「ジャンクの極み」だという「鬼盛りすたみなジャンキー唐揚げライス」を伝説のすた丼屋で食べてきた


伝説のすた丼屋の定番メニュー「すたみな唐揚げライス」の新味「鬼盛りすたみなジャンキー唐揚げライス」が2018年12月26日から期間限定で登場しています。ニンニクのパンチが効いたジューシーな唐揚げに2種類の特製ソースをたっぷりかけた一品はまさに「ジャンクの極み」とのことなので、さっそくお店に行って食べてきました。

【期間限定】12/26(水)発売★「鬼盛りすたみなジャンキー唐揚げライス」 | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】


伝説のすた丼屋にやってきました。


店頭には「鬼盛りすたみなジャンキー唐揚げライス」の登場を告げるパネルが掲げられていました。さっそく並盛を注文します。


注文をしてから5~6分ほどで「鬼盛りすたみなジャンキー唐揚げライス」(税込880円)が運ばれてきました。お皿からチリソースのスパイシーなにおいがたちこめてきます。


セットとしてたくあんが付いた白いごはんと……


わかめのみそ汁が付いてきます。


唐揚げは8つ盛られていて、上には刻みねぎがたっぷりのっています。サイズを交通系ICカードと比べるとこんな感じです。


茶色のやや透明なソースが「HOTなチリソース」で、オレンジ色のソースが「シラチャーソース」です。シラチャーソースとは唐辛子・ガーリック・酢・塩・砂糖などを合わせたタイ王国発祥のチリソースで、タイだけでなくアメリカでも人気急上昇中の調味料です。唐揚げは各店舗内で「特製にんにく醤油ダレ」に漬けてあるとのことですが、さらにチリソースにもシラチャーソースにもニンニクが入っているので、まさにニンニクの三重奏になっています。


唐揚げの下には、千切りキャベツが敷き詰められていました。


「冬の“がぶりメシ”」とのコンセプトのとおり一口では食べられない大粒の唐揚げにかぶりつくと、ジューシーな肉汁があふれ出ると同時にパンチが効いたニンニクのにおいがガツンと呼吸器を襲ってきます。


チリソースはシンプルに唐辛子が効いていて、すっきりとした辛さとわずかな酸味が、衣に染みこんでいる特製醤油ダレの香ばしい風味によくマッチしています。シラチャーソースにはマヨネーズが使用されていて、重厚なコッテリ感に包まれたコクの中から針が飛び出すようにしてピリ辛さが舌を刺すので、唐揚げを辛さだけではない旨辛さに仕上げていました。


合間にシャキシャキしたキャベツを食べると口の中がさっぱりするので、何個でも唐揚げを食べられそうでした。


「鬼盛りすたみなジャンキー唐揚げライス」は2018年12月26日から全国の伝説のすた丼屋で提供されていて、鬼盛り(唐揚げ8個)が税込880円、ミニ鬼盛り(唐揚げ6個)が税込800円で、超鬼盛り(唐揚げ12個)が税込1080円です。

ただし、中野新橋店、み~さんの店、高田馬場店、御徒町店、与野駅前店、東大和店、福生牛浜店、八王子東浅川店、青梅河辺店、ダイバーシティ東京 プラザ店、アリオ橋本店では提供されていないとのことなので、注意が必要です。

・関連記事
ジャンクでボリューミーな「鬼盛りガリタル南蛮すたみな唐揚げライス」を伝説のすた丼屋で食べてみた - GIGAZINE

甘辛い味付けのジューシー牛カルビ&ピリ辛マヨネーズソースでご飯が進む「すたみなジャンカル丼」を伝説のすた丼屋で食べてみた - GIGAZINE

通常のすた丼の2.5倍の肉が伝説のすた丼屋史上最高25cmに積まれた「極盛がっツリーすた丼2018」を食べてみた - GIGAZINE

焼き肉の定番牛カルビ・ホルモン・豚カルビが三“味”一体となって胃袋にのしかかる伝説のすた丼屋「すたみなマンモス焼肉丼」を食べてきた - GIGAZINE

ジューシーカルビとピリ辛ダレの山が目の前に立ちはだかる伝説のすた丼屋「”絶頂”牛カルビマウンテンDON」を食べてきた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by log1l_ks