試食

あのシロノワールがかき氷になったコメダ珈琲店「シロノワール氷」&新作「シロノワール爽夏」を食べてみた



コメダ珈琲店で、ヨーグルト風味のクリームを使った「シロノワール爽夏(さやか)」、かき氷で「シロノワール」を表現した「シロノワール氷」や「カフェオレ氷」「マンゴー氷」など、暑くなる季節にぴったりのデザートメニューが期間限定で登場しています。コメダ史上初というシロノワールのかき氷などを食べてきました。

季節のシロノワール 「シロノワール爽夏(さやか)」の登場です!
http://www.komeda.co.jp/info/campaign.php#id_1794

6/1より ! コメダ名物に新展開!~厚さの極み「新モーニング」 & 夏を先取り「シロノワール爽夏」~〈 冷々「シロノワール氷」も登場!〉
(PDFファイル)http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=42302&code=3543

コメダ珈琲店に到着。


店員さんに案内された席で「シロノワール氷」と……


新作のシロノワール「シロノワール爽夏(さやか)」。


同日に登場したかき氷の「カフェオレ氷」にソフトクリームとゼリーをのせた、「カフェオレ&ゼリ-・ソフト氷」と「マンゴー氷」を注文します。かき氷単品はメニューの写真のようにソフトクリームがのっていないので要注意。なお、トッピングとして練乳が70円、コーヒーゼリーが110円、アイスクリームが110円で追加可能となっています。


注文してから5分ほどで、「シロノワール氷」(左)「カフェオレ&ゼリ-・ソフト氷」(中奥)「シロノワール爽夏」(中手前)そして「マンゴー氷」(右)が到着。


各かき氷は金属の器に入っていて、iPhone 7(長辺13.8cm)とサイズを比べると、かき氷の巨大さがわかります。なお、かき氷はこのサイズより小さい「ミニ」サイズが用意されています。


◆シロノワール氷
「シロノワール氷」(税込720円)はコメダ珈琲店の看板メニュー「シロノワール」をかき氷で表現したもの。かき氷部分には、バターの風味のメープル入り特製シロップをたっぷりとかけて、ソフトクリームとさくらんぼをのせています。


となりにシロノワール爽夏を並べてみました。ソフトクリームをトッピングとしてかき氷の上にのせている様は、シロノワールっぽいかも。


ひんやりと冷たくシャリシャリのかき氷は、メープル入り特製シロップの芳ばしく香るやさしい甘さ。口に入れると、最初はメープル風味ですが、次にバターの風味を感じます。メープルシロップとバターの香るデニッシュパンの「シロノワール」をかき氷でちゃんと表現しています。


シロノワールと同じく、トッピングとしてのせているソフトクリームは、かき氷部分と一緒に食べるとクリーミーさをプラスできます。


◆シロノワール爽夏
「シロノワール爽夏」(税込800円)は、暑くなる季節にぴったりというシロノワール。果肉入りマンゴーソースをかけたソフトクリームをトッピングとしてのせて、ほかほかのデニッシュパンにのせています


iPhone 7(長辺13.8cm)とソフトクリームを含めた高さはこんな感じで、1人で食べるには少し大きいくらい。なお、シロノワール爽夏は、一回り小さくて1人用のおやつにピッタリな「ミニシロノワール爽夏」(税込550円)も用意されています。


マンゴーソースはフルーティーで甘酸っぱい味付け、ソフトクリームのミルキーな甘さを引き立てています。


デニッシュパンはほかほかとしていて温かく……


ヨーグルト風味のソースを挟んでいて、トロりとしたソースはマンゴーソースと違った絶妙な甘さと酸味をフワフワのデニッシュパンに加えます。ソースは後味をすっきりとさせて、フォークを次のデニッシュパンのピースに進ませます。


◆カフェオレ氷
次は、カフェオレ氷(税込630円)。かき氷にコメダ珈琲店のコーヒー・コーヒーシロップ・練乳を加えたもの。今回は、トッピングとしてコーヒーゼリー(+110円)とソフトクリーム(+110円)を追加でのせてみました。


かき氷は練乳の甘さと共にコーヒーの風味をしっかりと感じられる仕上がり。練乳の甘さをコーヒーの苦みが引き締めます喫茶店だけあって、かき氷から漂うコーヒーの香りと味は本格的で、練乳の甘味とちょうどよいバランスになっています。


トッピングで追加したコーヒーゼリーは店舗で手作りしたもの。甘さはなく、豊かなコーヒーの香り、そしてプルプルの食感を楽しめます。


ゼリーと共にソフトクリームやかき氷と一緒に食べると、甘さと苦さ、そしてコーヒーの香りのバランスを変化させることが可能。ほろ苦いカフェオレ氷にコーヒーの風味と甘さを追加するソフトクリームは、自分で味のハーモニーを調節できてピッタリでした。


◆マンゴー氷
最後はマンゴー氷(税込630円)。かき氷にアップルマンゴーの果肉、アルフォンソマンゴーのピューレを加えています。


マンゴーのフルーティーな甘酸っぱさは、サッパリしていて後味のクドさは皆無。かき氷のひんやりした食感も加わってザクザクと氷を食べ進められました。


「シロノワール爽夏」は2018年7月中旬まで、「シロノワール氷」「カフェオレ氷」「マンゴー氷」は2018年9月中旬まで販売される予定です。

・関連記事
福岡県産あまおうを使った「苺モンブラン」や枝豆を使った「ずんだまる」などコメダ珈琲店の春夏新作ケーキ全4品を食べてみた - GIGAZINE

コーヒーを自宅で作る方法をまとめた「An Instant Guide to Making Coffee」 - GIGAZINE

ポタポタ落ちる水で作る「水出しコーヒー」を専用のサーバーで淹れてみた - GIGAZINE

巨大なブロック氷を器にしてアイスコーヒーを楽しむ北野坂にしむら珈琲店の「氷の器のアイスコーヒー」を飲んでみた - GIGAZINE

コメダ珈琲店の「ドミグラスバーガー」はコクのあるソースで食べ応え十分 - GIGAZINE

ドリンク代のみでモーニングの焼き立てトーストにあんこ・卵ペースト・ゆで卵の付け合わせを選べるコメダ珈琲店「選べるモーニングサービス」を食べてみた - GIGAZINE

「おいしいコーヒー」を化学と物理に基づいて作る - GIGAZINE

諸説ある中で結局「コーヒーは健康にとって良いもの」なのか? - GIGAZINE

おいしいコーヒーを味わうために「産地」「焙煎」「抽出」の3つで知っておくべきポイント - GIGAZINE

口に入れた瞬間にとける「天然氷」と珠玉の「コーヒー」を使った神乃珈琲「天然氷のかき氷 和三盆珈琲 珈琲クリーム付き」を味わってみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi