×
試食

新しい「フレッシュネスチーズバーガー」はゴーダ・チェダー・モッツァレラが味のキモ


フレッシュネスバーガーが11月10日(月)からリニューアルした「フレッシュネスチーズバーガー」を販売開始しています。リニューアルに伴いゴーダ・チェダー・モッツァレラを使用し、ワインを使った特製のソースを使って仕上げているとのことで、さっそくお店に行って食べてきました。

フレッシュネスバーガー新商品『フレッシュネスチーズバーガー』ゴーダ、チェダー、モッツァレラの3種のチーズをワインで仕上げた特製ソース使用2014年11月10日(月)発売
(PDFファイル)http://www.freshnessburger.co.jp/about/pdf/141104_freshness_freshnesscheese.pdf

フレッシュネスバーガーに到着。


店頭でも「フレッシュネスチーズバーガー」をアピール。ロブスタービスクなどが付いたスープセットも販売しています。


お店に入りレジでロブスタービスクが付いたスープセット(税抜690円)を注文。


待つこと10分弱で、フレッシュネスチーズバーガーとロブスタービスクのセットが到着。


フレッシュネスチーズバーガーはトマトがかなり厚切り。


iPhone 6の半分ぐらいの高さがありました。


バンズは栗かぼちゃを練り込んだものを使用。


トマトはパティ以上に厚みがありました。


特製ソースには細かい肉が確認できます。


チーズは溶けており、ビーフパティの上に載っています。


トマトが普通のハンバーガーより厚いので、やや持ちにくい印象。


一口かむと、溶けたチーズが濃厚で旨味がたっぷりながらキレのある味わいで、ビーフパティとの相性も抜群。ソースからは肉やワインの旨味が感じられ、玉ねぎやトマトなども入っているので、肉やチーズの味が強いミートソースのような味。マヨネーズを使っているのですが、チーズの味を邪魔してしまうのでいらないように感じられました。


残念なのが大きめのトマトの存在。味が合っていないということはないのですが、トマトの量が多く冷たいのでチーズのトロッとした食感が楽しみにくくなっています。お店によってトマトの大きさは多少異なる可能性がありますが、この量は多すぎるように思えました。


ロブスタービスクは、ロブスターの旨みが凝縮されたアメリケーヌソースをベースにトマトをブレンドしたスープ。


生クリームがかかっています。


食べてみると海老の旨味も濃厚なのですがトマトの味が強く、やや海老の旨味が楽しみにくい作り。味が濃い目なのでハンバーガーと一緒に食べるよりはパンなどと一緒に食べたい感じ。とはいえセットで頼むとハンバーガープラス291円(単品378円)で注文できるので、価格的にはうれしいセットと言えそうです。


なお、フレッシュネスチーズバーガー、ロブスタービスクともレギュラーメニューとしての販売となっています。

・関連記事
鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

マクドナルドがアメリカに広まる以前に親しまれていた直火炭焼きバーガーを福岡の「Frisco」で食べてきました - GIGAZINE

「さけるチーズ」が参考にしたというメキシコのチーズを現地で裂きまくってきた - GIGAZINE

フレッシュネスの本格的大人バーガー「黒毛和牛チーズバーガー ホースラディッシュソース」とイタリアンな「チーズチキンカツバーガー」を食べてみた - GIGAZINE

Soup Stock Tokyoの「オマール海老のビスク」を家庭で再現することはできるのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log