試食

モスのとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」はあまりにもたまねぎが多め


国産の牛肉と豚肉を使用したワンランク上のハンバーガーとして販売されているモスバーガーの「とびきりハンバーグサンド」に、12月26日(金)から期間限定で「ビストロ風マッシュルームソース」が加わりました。通常のとびきりハンバーグサンドはしょうゆなどをベースにしたソースを使っているのに対して、ビストロ風マッシュルームソースはデミグラスソースやワインを使った贅沢な作りになっているとのことで、さっそくお店に行って食べてきました。

国産肉を100%使用した大人のプレミアムハンバーガーとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」~12月26日(金)から全国のモスバーガーで新発売~
(PDF)http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_141126_1.pdf

モスバーガーに到着。


店頭でもとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」を大々的にアピール。


お店に入りレジに向かうと……


メニューがとびきりハンバーグサンドで埋め尽くされていました。さっそく今回の新商品を注文。


待つこと10分ほどでとびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」(税込450円)が到着。


バンズは通常のとびきりハンバーグサンドと同じものが使われているようで、大きさは手のひらに乗っかるくらい。


上段のバンズを取ると、マッシュルームがたっぷり入っているかと思いきや大量のたまねぎが。


ソースにはエストラゴンというハーブも入っています。


ともかく目立つのはソテーしたたまねぎですが、マッシュルームも確認できます。


ハンバーグは国産の豚肉と牛肉が使われており、通常のパティの1.5倍の大きさで食べ応えがありそう。


ソースやたまねぎがはみ出してしまいそうなので、紙に包んで食べてみます。


こんなにもたまねぎが多いとマッシュルームが負けてしまうのではないかと心配でしたが、その予想通り、味はたまねぎが強め。よくソテーされていて甘みがたっぷりでていて、マッシュルームの味は意識しないと感じられないほどに薄まっているので、たまねぎの量はもうちょっと少なめでもいい気がします。パティも普通のハンバーガーより大きめで食べ応えがあり、ソースやたまねぎとの相性もグッド。トマトの酸味はあまり感じられないものの、肉・デミグラスソース・たまねぎの組み合わせはミートソースの味に近いようにも思えました。


やはりたまねぎが多すぎるので、食べ進むごとにたまねぎがはみ出してしまいます。商品名ではマッシュルームやソースの名前が前面に押し出されていますが、このたまねぎの量であれば「オニオンバーガー」という商品名の方が正しい気すらします。


とびきりハンバーグサンド「ビストロ風マッシュルームソース」の価格は税込450円で期間限定の販売となっています。

・関連記事
1日30個&京都限定の「モスの匠味 九条ねぎのかき揚げバーガー」を一足先に食べてきました - GIGAZINE

モスバーガーの朝食時間帯新メニュー『モスの朝ライスバーガー朝御膳「鮭」』を食べてみました - GIGAZINE

モス運営の野菜レストランで「真夏の変わりだね野菜のフルコース」を食べてきた - GIGAZINE

巨大なマッシュルームの存在感「ベジタブルバーガーマッシュルーム&ビーンズ」試食レビュー - GIGAZINE

鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

マクドナルドがアメリカに広まる以前に親しまれていた直火炭焼きバーガーを福岡の「Frisco」で食べてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log