試食

カレーだれの味加減が絶妙な天丼てんや「鶏天丼 カレーだれ」を食べてきた


柔らかでヘルシーな3枚の胸肉をスパイシーな特製のカレーだれで味付けしたのが天丼てんや「鶏天丼 カレーだれ」。さらには、鶏肉の旨味を最大限に引き出すため、塩麹を使用し、味を引き立たせているとのこと。鶏とカレーという珍しい組み合わせが気になったので、立ち寄ってみることにしました。

(PDFファイル)鶏肉に「塩麹」を初使用、再登場の「特製カレーだれ」で味付け『鶏天丼 カレーだれ』、『鶏天丼 カレーだれ弁当』9月20日(木)より期間限定で販売開始

お店に到着。


「厚切り」の文字が気になる「鶏天丼 カレーだれ」のポスター。


席について早速注文。


ついにやってきました。天ぷらは鶏天が3つ、2本ひとまとめのいんげんの天ぷらが1つの合計3つ。今回はみそ汁はついていなかったのですが、本来は単品で頼むとみそ汁がついて税込580円です。


かけられているソースはカレーだれ。


それではいただきます。


鶏は胸肉ながらパサパサとした感じも無く、柔らかい肉の風味が味わえます。一枚の厚さは「厚切り」とまではいきませんが、3枚あるのでボリュームは十分。さらにボリュームはありながらも、あっさりとした味なので胃がもたれるようなこともないので、丼らしくどんどんかきこむことが可能。


カレーだれはスパイスがよくきいてはいますが、天ぷらの味をかき消すことが無いように調整されていて、全体がカレー味に染まることがないのがグッド。


カレーだれの味加減は絶妙で、いんげんの味もしっかり味わうことができました。


カレー味なので白飯との相性もよく、もちろんハシがどんどん進みます。


このカレーだれは、素材の味をしっかり盛り立ててくれるので、エビや野菜の天ぷらなんかにも合いそうです。

・関連記事
松茸の風味を殺さない「松茸天丼」と卵がとろり流れる「親子鶏天丼」レビュー - GIGAZINE

天丼てんや「ねぎマヨ鶏天丼」オリジナルソングPVがとんでもないことに - GIGAZINE

てんやで春の新メニュー「花鯛とあさり彩野菜の天丼」と復活した「稲庭風うどん」を食べてきました - GIGAZINE

春めいた食材たちがカラッと揚がったてんやの期間限定メニュー「桜天丼」を食べてきました - GIGAZINE

天丼てんや「えびはも冷やし天茶」のオリジナルソングPVが吹っ飛びすぎている - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log