試食

前代未聞のハンバーグを天ぷらにしてしまったてんやの「Wハンバーグ天丼」を食べてきた


天丼のてんやは「肉天丼シリーズ」として、牛タンとろろ天丼BBQソースを合わせた鶏天丼ピリ辛キムチロース豚天丼といった独創的な天丼に挑戦しています。2016年4月14日(水)からは、ついにハンバーグを天ぷらにしてしまった「Wハンバーグ天丼~BBQソース」が登場しているので、前代未聞の天丼を味わうべく実際にてんやで食べてきました。

てんやの初夏限定メニューが4月14日(木)よりスタート!ふっくらあさりと活〆穴子『あさり穴子天丼』ついにハンバーグまで天ぷらに!?『Wハンバーグ天丼~BBQソース』
(PDFファイル)http://www.tenya.co.jp/release/pdf/20160412.pdf

てんや難波御堂筋店にやってきました。


さっそく「Wハンバーグ天丼~BBQソース」(税込730円)を注文。10分ほどで出てきました。


ハンバーグ天はこんな感で、小ぶりなハンバーグを天ぷらにしています。


お弁当に入っているようなハンバーグとは違い、肉厚な合い挽きハンバーグが使われていました。しかもダブルで入っているので、十分な分量のハンバーグと言えます。味わいはジューシーで下味もしっかりついており、てんや特製のBBQソースがハンバーグソースの代わりを果たしています。ご飯にもよく合っているのですが、あくまでハンバーグを天ぷらにしたらこうなる、という印象。てんやならではの「絶妙の揚げ具合」は、ハンバーグでは味わえないのかも。


またWハンバーグ天丼には、ハンバーグと相性抜群の玉子を天ぷらにした半熟玉子天も入っています。箸を入れると黄身がとろーりとハンバーグを包み込みます。


ハンバーグといっしょに食べると、もはや洋風なのか和風なのか判別不可能ですが、丼のおかずとしては間違いなし。BBQソースだけだと飽きが来るので、テーブルにある天つゆをかけてもいいかもしれません。


ほかにも、野菜天としてれんこんやいんげんも入っています。


続いて、同時に登場している「あさり穴子天丼」(税込830円)も食べてみることに。


深緑の季節にぴったりな、あさり・千切りごぼう・紅しょうがのかき揚げがメイン。持ち上げるとかなり巨大であることがわかります。


食べてみると、食べる場所によって食感や風味の違いがあります。ごぼうや紅しょうがの香りが感じられ、さっぱりと春っぽい天ぷらです。


穴子天もなかなか巨大。


ふっくらと絶妙な揚げ具合で、ご飯もよく進みます。季節のせいか、身は少し小さめな気がしました。


てんやの定番でもある海老天も入っています。いろいろな海鮮天や野菜天が味わえるので、スタンダードな天ぷらが好きな人にオススメです。

・関連記事
牛タンの天ぷらにとろろをかける新食感の「牛タンとろろ天丼」などてんやの初夏新作メニューを食べてきた - GIGAZINE

ぷりぷりの鶏天にまさかのBBQソースを合わせたてんや「BBQたれ~国産鶏・野菜天丼」試食レビュー - GIGAZINE

豚とキムチの組み合わせが鉄板の「ピリ辛キムチロース豚天丼」試食レビュー - GIGAZINE

2種のチーズ入りハンバーグに濃厚デミグラスソースが絡む松屋「とろ~りチーズが入ったデミたま&デミハンバーグ定食」 - GIGAZINE

総重量1kg・1日限定5食「特盛ステーキ丼」をステーキ・ハンバーグタケルで挑戦 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log