試食

京都ポーク100%の「HAMBURG LABO」ハンバーグセットを食べてみた


本格的なハンバーグを食べようとするとお店まで足を運ばなくてはならないですが、「HAMBURG LABO」が通信販売しているハンバーグはお湯で15分あたためるだけで、お店の本格的な味を手軽に味わえるそうです。京都ポーク100%のハンバーグで、味は濃いけれども臭みの無い味です。ハンバーグといえばあふれる肉汁のうま味が決め手ですが、こちらのハンバーグはどのような内容になっているのか確かめてみることにしました。

HAMBURG LABO【ハンバーグラボ】オンラインショップ

こちらは「京都ポーク100%ハンバーグ10個セット」(税込5250円)。落ち着いた色合いの箱に入れられて送られてきます。


中身はこのようにビニールで覆われており、中には緩衝材も入っていて安心。


ビニールから出してみるとこんな感じ。


ソースは3種類あり、「特製ネギ塩ソース」「デミグラスソース」「和風醤油ソース」です。


なお、調理方法などが記載された用紙もあり。


それでは早速調理していきます。沸騰したお湯にハンバーグを入れ、再び沸騰してから15分間待ちます。


完成です。しっかりと焦げ目がついていて、まん丸でボリュームを感じさせる見た目です。


焼きたてのハンバーグのようにジュルリとあふれてくるわけではないのですが、ハンバーグの中からはジワリと肉汁がにじんでおり、期待が持てます。


まずは「特製ネギ塩ソース」をかけていただきます。


ソースはカツオと昆布のダシがよく出ていて、そこにネギがしっかりと合わさる感じ。またわずかにですがニンニクの風味があり、これがソースを底上げしています。和風のあっさりした味なのですが、肉の風味が十分あるのでこれぐらいがベスト。


こちらのハンバーグには「デミグラスソース」をかけてみました。


ハンバーグといえばデミグラスソースというぐらいに王道の組み合わせで、ソースが肉のうま味をしっかりと盛りたてる内容です。肉は脂がたっぷりで、この脂の染みこんだソースが味に奥行きを持たせています。


「和風醤油ソース」をかけています。


確かに肉には合うのですが、他の2つのソースに比べると、甘みが割と強いので少しソースの味が浮いて感じられます。もう少し肉の脂とうまくなじめば、なおいいかも。


あたためるだけという手軽さのためレトルトのようなパサパサとした味を想像してしまいますが、脂たっぷりのジューシーな味わい。焼きたてのハンバーグのようなカリッとした表面の歯応えと熱々の香り立つ匂いは薄いですが、レトルト並にお手軽に肉のうま味のつまったハンバーグを味わえます。

・関連記事
「厚切りベーコン」「フォワグラ」などをトッピング、デニーズ「ハンバーグフェア」に行ってみた - GIGAZINE

銀の窯 包み焼きハンバーグステーキを作ってみた - GIGAZINE

衝撃的な新種の「トーフハンバーグ」を発見したので買ってきた - GIGAZINE

平野綾おすすめのデニーズのハンバーグを10種類すべて食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log