ハードウェア

Apple Vision Proが外科手術で活躍していることが明らかに


Apple初の空間コンピューターである「Apple Vision Pro」が、外科手術で活躍していることが明らかになっています。

Apple Vision Pro used to assist in shoulder surgery
https://appleinsider.com/articles/24/04/03/apple-vision-pro-is-getting-more-wear-time-in-the-surgical-theater

Apple Vision Pro é usado em cirurgia ortopédica no Brasil - MacMagazine
https://macmagazine.com.br/post/2024/04/19/apple-vision-pro-e-usado-em-cirurgia-ortopedica-no-brasil/

Surgeons embrace Apple Vision Pro for advanced medical procedures
https://appleinsider.com/articles/24/04/20/apple-vision-pro-is-revolutionizing-surgical-procedures-worldwide

医療ソフトウェアメーカーのeXeXが、リバース型人工肩関節置換術でApple Vision Proを活用したことを報告しています。リバース型人工肩関節置換術は肩の上腕骨頭(ボール状の骨頭)と肩甲骨臼蓋(上腕骨頭の受け皿となる部分)を人工物に置き換え、ボール部分とソケット部分を入れ替えるというものです。

eXeXによると、Apple Vision Proは外科手術を行う外科医が装着するのではなく、手術を補佐する技師が手術の準備を行ったり、手術の手順を確認したりするために使用された模様。Apple Vision Proを用いることで、外科チームはこれまで利用できなかったデータの視覚化が可能となり、手術の効率が向上したとeXeXは説明しています。


Apple Vision Proを用いることで克服された課題のひとつが、手術に参加する人が着用する保護フードとガウンが一体となったStryker製の個人保護システムに関するもの。これまでStryker製の個人保護システムを着用している場合、複合現実(MR)ヘッドセットを装着することができまなかったそうですが、Apple Vision Proはスリムなため個人保護システムを着用したままでも装着することが可能だったそうです。

手術に参加したラッセル・ハフマン医師は「この成果はeXeXにとって単なるマイルストーンではなく、医療業界全体にとっての飛躍です。このような複雑な環境でApple Vision ProとeXeXのソフトウェアをうまく​​使用することができたということは、外科手術と患者ケアで可能なことの限界を押し広げるという我々の取り組みを裏付けるものです」と語りました。


さらに、ブラジルメディア・MacMagazineの報道によると、ブラジルでもApple Vision Proを用いた外科手術が行われています。報道によると、ブラジルのサンタカタリーナ州にあるジャラグア病院の整形外科医であるブルーノ・ゴバート氏とそのチームが、腱板断裂を治療する肩関節鏡手術でApple Vision Proを使用したそうです。

ゴバート氏は過去に同様の手術でMicrosoftのHoloLensを使用したことがあります。ただし、Apple Vision Proのカメラは解像度がはるかに高く、患者の肩に焦点を当てた明るい光の処理でも非常に優れていたそうです。ゴバード氏は「肩関節鏡手術では関節内でカメラが使用されるため、外科医は画面を直接見ながら手術を行う必要があります。Apple Vision Proを使用すると、高解像度で映画のスクリーンのように大きな画面で患者の検査や3Dモデルをリアルタイムで見ることができました」と語っています。

ゴバート氏は実際にApple Vision Proを使って手術をしている様子を撮影した動画をYouTube上で公開しています。動画を見るとゴバート氏がApple Vision Proでメモを確認したり、患者のX線写真を確認したりしている様子が確認可能です。なお、動画は年齢制限が設けられているため、YouTubeでのみ視聴可能となっています。

VisionPro Shoulder Arthroscopy - YouTube


この他、ゴバード氏は手術中にmyMakoというアプリも利用しており、これは医師が手術で使用する3Dモデルを事前に作成し、手術中に確認できるようにするためのアプリです。

Apple Vision Proは記事作成時点ではアメリカでしか販売されていませんが、アメリカ・ブラジルのほか、イギリスでもApple Vision Proが手術で利用されたことが報告されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Apple Vision Proを購入した一部のユーザーが「目の腫れ・頭痛・首の痛みに悩まされている」と報告 - GIGAZINE

AppleのARヘッドセット「Vision Pro」開発者が語る「ユーザーの脳と体から心を読む技術」とは? - GIGAZINE

電極つき帽子をかぶって思い通りにロボットアームを3次元的に動かすことに成功 - GIGAZINE

Apple Vision Proが50万円超するのは「今日手に入る未来のテクノロジーだから」と語る - GIGAZINE

VRによる脳トレーニングで下半身不随の患者が再び「感覚」を取り戻し回復への一歩を踏み出す - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.