ハードウェア

IntelがノートPC向けの第14世代SoC「Core Ultra」プロセッサーを正式発表、NPU搭載でAI性能を重視


Intelが第14世代CoreプラットフォームのノートPC向けプロセッサ「Core Ultra」シリーズを正式発表しました。Core Ultraは初のIntel 4プロセスノードで設計されたコンシューマー向けSoCで、IntelのSoCとして初めてAI処理に特化したニューラルプロセッシングユニット(NPU)を搭載しているのがポイントです。

インテル® Core™ Ultra プロセッサー
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/details/processors/core-ultra.html

Intel Accelerates AI Everywhere with Launch of Powerful Next-Gen Products :: Intel Corporation (INTC)
https://www.intc.com/news-events/press-releases/detail/1663/intel-accelerates-ai-everywhere-with-launch-of-powerful

Intel Releases Core Ultra H and U-Series Processors: Meteor Lake Brings AI and Arc to Ultra Thin Notebooks
https://www.anandtech.com/show/21185/intel-releases-core-ultra-h-and-u-series-processors-meteor-lake-brings-ai-and-arc-to-ultra-thin-notebooks

Intel launches Core Ultra processors to power up your next laptop with AI | TechRadar
https://www.techradar.com/computing/cpu/intel-launches-core-ultra-processors-to-power-up-your-next-laptop-with-ai

発表されたCore Ultra HシリーズおよびCore Ultra Uシリーズのスペックは以下の通り。

 Intel Core Ultra 9 185HIntel Core Ultra 7 165HIntel Core Ultra 7 155HIntel Core Ultra 5 135HIntel Core Ultra 5 125HIntel Core Ultra 7 165UIntel Core Ultra 7 164UIntel Core Ultra 7 155UIntel Core Ultra 5 135UIntel Core Ultra 5 134UIntel Core Ultra 5 125U
CPUコア/スレッド16コア/22スレッド16コア/22スレッド16コア/22スレッド14コア/18スレッド14コア/18スレッド12コア/14スレッド12コア/14スレッド12コア/14スレッド12コア/14スレッド12コア/14スレッド12コア/14スレッド
Pコア6コア6コア6コア4コア4コア2コア2コア2コア2コア2コア2コア
Eコア8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)7コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)8コア(LP・2コア)
スマートキャッシュ24MB24MB24MB18MB18MB12MB12MB12MB12MB12MB12MB
最大ターボ周波数Pコア:5.1GHz
Eコア:3.8GHz
Pコア:5.0GHz
Eコア:3.8GHz
Pコア:4.8GHz
Eコア:3.8GHz
Pコア:4,6GHz
Eコア:3.6GHz
Pコア:4.5GHz
Eコア:3.6GHz
Pコア:4.9GHz
Eコア:3.8GHz
Pコア:4.8GHz
Eコア:3.8GHz
Pコア:4.8GHz
Eコア:3.8GHz
Pコア:4.4GHz
Eコア:3.6GHz
Pコア:4.4GHz
Eコア:3.6GHz
Pコア:4.3GHz
Eコア:3.5GHz
統合GPUIntel Arc GPU
最大2.35GHz
Xeコア×8
Intel Arc GPU
最大2.3GHz
Xeコア×8
Intel Arc GPU
最大2.25GHz
Xeコア×8
Intel Arc GPU
最大2.2GHz
Xeコア×7
Intel Arc GPU
最大2.2GHz
Xeコア×7
Intelグラフィックス
最大2GHz
Xeコア×4
Intelグラフィックス
最大1.8GHz
Xeコア×4
Intelグラフィックス
最大1.95GHz
Xeコア×4
Intelグラフィックス
最大1.9GHz
Xeコア×4
Intelグラフィックス
最大1.75GHz
Xeコア×4
Intelグラフィックス
最大1.85GHz
Xeコア×4
NPUIntel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3Intel AIブースト、2x Gen 3
メモリDDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
DDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
DDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
DDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
DDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
DDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
LPDDR5/x-6400 64GBDDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
DDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
LPDDR5/x-6400 64GBDDR-5600 96GB
LPDDR/x-7467 64GB
基本電力45W28W28W28W28W15W9W15W15W9W15W
ターボ時電力115W64W、115W64W、115W64W、115W64W、115W57W30W57W57W30W57W


Core Ultraシリーズは、2023年9月にIntelが発表したMeteor Lakeアーキテクチャがベースになっています。このMeteor Lakeアーキテクチャは電力効率を追求したSoCのアーキテクチャで、コンピュート(CPU)・グラフィックス(GPU)・I/O・SoCという4つのタイルに分配する構成方法になっています。


このうちCPUダイに相当するコンピュートタイルには、処理性能を重視した高性能コアである「Pコア」と処理効率を重視した高効率コアである「Eコア」が、そしてSoCタイルにはEコアよりさらに処理効率を重視した「Low Power Island Eコア(LP Eコア)」が搭載されています。


このMeteor LakeアーキテクチャはIntelが開発したFoveros パッケージングによって実現しています。


さらに、今回発表されたCore UltraシリーズにはIntel 4ノードが採用されています。

Intelの新プロセスノード「Intel 4」は従来製品と同じ電力で21.5%の性能向上&同性能を電力量40%減で実現 - GIGAZINE


Intelは、Core Ultraシリーズはノードの縮小とNPUの搭載によって電力効率が向上し、ノートPCであればバッテリーの持ちもよくなると主張しています。Core Ultra 7 165Hは前世代のCore i7-1370Pよりも電力消費が25%少ないとのこと。

IntelはUltra 7 165Hを前世代のCore i7-1370P、AMDのRyzen 7 7840U、Qualcomm 8cx Gen 3と比較し、SPECrate*2017_int_base(n-copy)に基づくテストでCore Ultra 7 165HがRyzen 7 7840Uに対して11%、Core i7-1370Pに対して9%もパフォーマンスがよかったと主張しています。


グラフィックスについては、Core Ultra HシリーズではIntel Arcベース、Core Ultra UシリーズはIntelグラフィックスとなっています。Intelは、Core Ultra 7 165Hは第13世代のCore i7-1370Pよりもグラフィックスのパフォーマンスが最大2倍高速であるとアピールしています。


また、Core Ultraシリーズの特徴がNPUを搭載しているという点で、CPU・GPU・NPUを合わせて最大35TOPSの演算能力を持つとのこと。Core Ultraシリーズであれば、Metaの大規模言語モデルLLama2-7Bをローカルで動作できるとIntelは主張しました。


Core UltraシリーズはAsus、MSI、Samsung、LenovoのノートPCに搭載されて市場に投入される予定。ただし、最上位モデルであるIntel Core Ultra 9については2024年3月と少し遅れての登場となります。

なお、Intelは、NVIDIAのH100やAMDのMI300Xに対抗する生成AI用アクセラレータ「Gaudi3」を2024年に投入することも発表しました。このGaudi3は2019年12月にIntelが買収したAIトップメーカー「Habana Labs」の第3世代となるプロセッサで、前世代のGaudi2と比較してFP16処理性能が4倍になるそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
最初に2nm半導体を量産するのはTSMCかSamsungかそれともIntelか? - GIGAZINE

Intel第14世代ノートPC向けCPUの最上位モデル「Core Ultra 9 185H」のベンチマーク結果がリークされる - GIGAZINE

Intel第14世代Coreプロセッサ「Corei9-14900K」がオーバークロック時のクロック周波数で世界新記録を打ち立てたことが報告される - GIGAZINE

「Intelは大きな脅威ではない」と台湾の半導体メーカーTSMCの創設者が発言、2nmプロセスの開発が順調に進んでいることも明かす - GIGAZINE

Intelが第14世代Coreプロセッサ「Meteor Lake」の概要を発表、第5世代Xeonから288個のEコア搭載プロセッサ「Sierra Forest」も登場 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.