ネットサービス

GoogleがStadia専用ゲーム開発部門を閉鎖、Stadia自体は今後も継続

by Marco Verch

Googleが自社製クラウドゲームサービス「Google Stadia」向けゲームを開発する社内部署「Stadia Games & Entertainment」を閉鎖すると発表しました。今後は専用ゲームの開発に割いていたリソースを外部パブリッシャーとの提携拡大やプラットフォームの強化に充てるとしています。

Focusing on Stadia’s future as a platform, and winding down SG&E
https://blog.google/products/stadia/focusing-on-stadias-future-as-a-platform-and-winding-down-sge/

Google is shutting down its in-house Stadia game development studios - The Verge
https://www.theverge.com/2021/2/1/22260803/google-stadia-game-development-studio-shut-down-jade-raymond

Google Stadia Shuts Down Internal Studios, Changing Business Focus
https://kotaku.com/google-stadia-shuts-down-internal-studios-changing-bus-1846146761

現地時間2021年2月1日、GoogleはStadia専用ゲーム開発部署「Stadia Games & Entertainment」を閉鎖すると発表しました。「Stadia Games & Entertainment」にはロサンゼルススタジオとモントリオールスタジオの2つがあり、所属していた開発者約150人が別の部署に異動となる見込み。ただし、Ubisoftで「アサシン クリード」シリーズに携わったことでも知られるジェイド・レイモンド氏はGoogleを退社するとのこと。

Stadiaのヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのフィル・ハリソン氏はゲーム開発部署閉鎖の理由について、「最高クラスのゲームをゼロから作成するためには、何年もの歳月と多額な投資が必要で、このコストは指数関数的に上昇しています」とコメント。今後は専用ゲーム提供のための投資をやめ、外部開発者や外部パブリッシャーとのビジネスパートナーシップの拡大や、Stadiaのテクノロジー面の強化に重点を置くと述べました。

Stadiaはローンチ当初はグラフィックが最高設定でプレイできない点などから「荒削り」という評価を受けていましたが、プレイステーション4やXbox Oneなどで安定動作しない点が問題視されていた「サイバーパンク2077」がStadiaでは60fpsを安定して出せると報じられるなど、うまく動作するゲームが増えてきていると報じられていました。

by Marco Verch

ハリソン氏は、「サイバーパンク2077」での成功などに触れつつ、Stadia自体は終わらせる予定はないと強調。集約されたインフラストラクチャーによって演算されたゲームをストリーミングするというクラウドゲームサービスこそがゲーム業界の未来であると主張し、基板となるプラットフォームに対する投資を継続すると語りました。

なお、直近では同じく独自クラウドゲームサービス「Luna」を提供しているAmazonも自社製ゲームの開発には手を焼いていると報じられています。

開発中止が続くAmazonのゲーム開発部門「Amazon Game Studios」はなぜ失敗したのか? - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleのクラウドゲーム「Stadia」の公式ムービーが「あまりにもダサすぎる」と酷評される - GIGAZINE

Googleの「Stadia」はいつ突然死するかとゲームの開発者は戦々恐々 - GIGAZINE

ついにiPhoneでもGoogleのクラウドゲームサービス「Stadia」が利用可能に - GIGAZINE

in ネットサービス,   ゲーム, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.