ハードウェア

Huaweiの5Gネットワーク機器の設置を2021年からイギリスが禁止へ


「5Gの可能性を最大限に発揮できるのは、5Gを支えるインフラストラチャーのセキュリティと回復力が信頼に値する時のみ」として、2020年11月30日、イギリスが2021年9月以降に通信事業者が5Gネットワーク機器を設置することを禁止すると発表しました。

5G supply chain diversification strategy - GOV.UK
https://www.gov.uk/government/publications/5g-supply-chain-diversification-strategy/5g-supply-chain-diversification-strategy

New telecoms security law to protect UK from cyber threats - GOV.UK
https://www.gov.uk/government/news/new-telecoms-security-law-to-protect-uk-from-cyber-threats

Huawei: UK bans new 5G network equipment from September | Huawei | The Guardian
https://www.theguardian.com/technology/2020/nov/30/huawei-uk-bans-new-5g-network-equipment-from-september


イギリスは2020年7月に2027年までにHuawei製品を5G通信網から完全に排除する方針であると発表しており、2021年からはHuaweiからの購入が禁じられる予定となっています。これに加え、新たにイギリス政府は、2021年9月以降国内の通信プロバイダーが5Gに対応するHuawei機器の設置することを禁じると発表しました。

2027年までにHuawei製品を排除するという計画は、新法によって正式に定められる予定ですが、デジタル・文化・メディア・スポーツ省のオリバー・ダウデン大臣は新法案に先立って「5Gサプライチェーンの多様化戦略」を作成しました。5Gに対応するHuawei機器の設置が禁じられることは、この多様化戦略の中で言及されたもの。

この中でダウデン大臣は「本日、私たちの5Gネットワークからハイリスクなベンダーを排除するための明確な道筋を示します。この計画は、国家の安全に脅威をもたらす通信事業者の危機を特定し排除する、新たな、そして前例のない力によって成し遂げられます。また私たちは安全かつスムーズなネットワーク運営を行うため、今後、一握りの通信事業者に依存しないことを明確にした新しい戦略を発表します」と述べました。


5Gネットワークの多様化戦略ではまず最初に2億5000万ポンド(約350億円)を費やし、多様かつ競争力のある電気通信供給市場の創設に取り組むことが発表されています。

BTグループのようなイギリスの通信事業者は、ノキアやエリクソンといった企業と強いつながりを持っていますが、Huaweiの排除をきっかけにこれら企業との依存関係はさらに強まったとのこと。この依存関係を絶つためにイギリス政府はセキュリティについて調査しベンダー間の互換性を高める目的で「National Telecoms Lab」を創設、2022年にスタートさせる予定です。加えて、日本のNECといった競業他社が市場に参入しやすいように資金提供トライアルも開始。2Gや3Gを段階的に廃止するプロセスも設定しており、これが5Gネットワークの多様化を加速させるものとみられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Huaweiが5Gで世界をリードするきっかけとなった重要な技術とは? - GIGAZINE

Huaweiが「純中国製」を目指して上海にチップ工場建造を計画中 - GIGAZINE

「Huaweiのセキュリティには改善が見られない」とイギリスの政府機関が報告 - GIGAZINE

「2027年までにHuawei製品を5G通信網から完全に排除する方針」をイギリス政府が公式に発表 - GIGAZINE

HuaweiとZTEがついに「国家安全保障上の脅威」に指定される - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.