メモ

AppleとAmazonが公平な税負担を目指す新イニシアチブへの署名を拒否


フランス政府が2020年11月30日に、世界的な大手IT企業が抱える共通の問題に取り組む姿勢を確認した新イニシアチブである「Tech for Good Call」に署名した75企業を発表しました。これには、Google・Facebook・Microsoftなど名だたる大手IT企業が名を連ねていましたが、AppleやAmazonは含まれていなかったと報じられています。

Amazon, Apple stay away from new French initiative to set principles for Big Tech | Reuters
https://www.reuters.com/article/us-france-tech-idUSKBN28A1JL

Dozens of tech companies sign ‘Tech for Good Call’ following French initiative | TechCrunch
https://techcrunch.com/2020/11/30/dozens-of-tech-companies-sign-tech-for-good-call-following-french-initiative/

Amazon refuses French tax initiative, Apple negotiating | AppleInsider
https://appleinsider.com/articles/20/11/30/amazon-refuses-french-tax-initiative-apple-negotiating

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は2018年に、フェイクニュースやプライバシー侵害などIT技術が抱えるさまざまな課題について議論することを目的とした国際会議「Tech for Goodサミット」を開催。会議場となった大統領官邸のエリゼ宮殿には、大手IT企業など50団体の代表者が一堂に会し、教育や労働、多様性といった分野へのIT技術の活用について話し合いました。マクロン大統領は、これ以降も定期的にサミットを開催し、2020年には新型コロナウイルス感染症対策などを盛り込んだ中間報告を発表しています。

by Benoît Granier

ロイター通信は11月30日に、「フランス大統領府がマクロン大統領主導の新イニシアチブである『Tech for Good Call』に署名した企業や団体の代表者リストを公開しました」と報じました。「Tech for Good Call」は、前述の「Tech for Goodサミット」の流れをくむ取り組みで、オンライン上のヘイトクライムやプライバシー問題のほか、税金問題についても言及したものとのこと。

大統領の広報官は声明の中で、「署名した企業らは、事業を展開している国の税制への貢献に同意しているほか、児童ポルノやテロなどの有害なコンテンツのブロックなどへの取り組みを支援することに同意しています」と話しました。ただし、「Tech for Good Call」には法的拘束力はありません。

IT系ニュースサイトTechCrunchによると、「Tech for Good Call」には合計75団体の代表者が署名しており、Googleのサンダー・ピチャイ氏やFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏、Microsoftのブラッド・スミス氏など名だたる人物が名を連ねているとのこと。しかし、GoogleやFacebook、Microsoftとともにビッグ・テックを構成するAppleとAmazonの代表者の名前は、署名されていませんでした。

by Christopher Bowley

Appleは2018年の「Tech for Goodサミット」の発足当時のメンバーで、今回の「Tech for Good Call」にも参加していますが、署名を見送りました。このことについてコメントを求めたロイター通信に対し、Appleの広報担当者はコメントを控えました。またAmazonも、「Tech for Good Call」に加わるようフランス大統領府から名指しされていましたが、要請を拒否したとのことです。

大手IT企業の署名が出そろわなかったことについて、大統領顧問は記者会見で「今回の新イニシアチブには、個人や社会と利害を一致させることを決意した者と、共同での取り組みに背を向ける者を客観的に見極める狙いもあります」とコメントしました。


マクロン大統領は、これまでも大手IT企業への課税に注力してきましたが、2019年の「デジタル課税(通称GAFA税)」がアメリカの報復課税により事実上の撤廃を余儀なくされるなど、税制改革は難航しています。

フランスのマクロン大統領がアメリカのIT企業に課した税金の払い戻しを決定 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Apple・Amazon・GoogleがEUのデジタルサービス税による価格改定を発表、ハイテク企業は第三者への負担転嫁で新税制に対処 - GIGAZINE

Appleが30億円の罰金を「iPhoneのピーク性能を落としていた件」でフランスに支払う羽目に - GIGAZINE

Appleは「ウイグル人強制労働防止法」に反対するロビー活動を展開している - GIGAZINE

macOS Big Surで物議を醸している挙動は「2年以上前から周知だった」との指摘、今さら問題視することに疑問を投げかける意見も - GIGAZINE

Appleが「古いiPhoneの性能を落としていた」問題で117億円の和解金支払いに合意 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.