レビュー

圧倒的サウンドで生まれ変わったGoogleのスマートスピーカー「Google Nest Audio」開封&フォトレビュー


Google Homeよりも音量が75%大きく、低音が50%強くなったというスマートスピーカー「Google Nest Audio」が2020年10月15日(木)より登場しています。Google Nest Audioはよりサウンドにこだわったデバイスとなっており、複数台のGoogle Nest Audioをステレオペアとして接続すれば、左右のチャンネルを分離することも可能。デバイスをグループ化して同じ曲を同時に再生させることもできるということで、さっそく開封して外観をじっくり確認してみました。

Google Nest Audio なら、迫力のあるサウンドも思いのままに - Google ストア
https://store.google.com/jp/product/nest_audio

以下のムービーからもGoogle Nest Audioの外観や質感、起動の様子を確認できます。

Google Nest Audioの外観はこんな感じ - YouTube


これが到着したGoogle Nest Audio。


開封してみると……


中にはGoogle Nest Audioとクイックスターターガイド、電源アダプターが入っていました。


箱の中にはボタンやロゴが入っている面が上の状態で収まっていましたが、これは背面。ボタンはマイクスイッチで、右下にはアダプター用の端子がついています。


マイクスイッチは右にずらすとオンになります。


ポートはこんな感じ。アダプターは30W、24Vです。


そしてボタンなどが何もない方が正面。サイズは幅124mm×高さ175mm×奥行き78mmです。


右側面。


左側面にも何もありませんが、音量を下げるには左側面をタップする仕様です。


天面。


底面にはうっすら「G」のロゴが見てとれます。


重さは実測で1167gなので……


手で持つとこれくらいのサイズ。


電源アダプターと接続してしばらくすると……


前面のライトが点灯するとともに「ご利用いただきありがとうございます。開始するにはスマートフォンまたはタブレットでGoogle Homeアプリをダウンロードしてください」という音声が流れました。


ということで、引き続き「低音に強い」というGoogle Nest Audioのサウンドや、複数のGoogle Nest Audioをグループ化して音楽を再生する様子などをレビューしていくのでお楽しみに!

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ビデオ会議が捗るオートゲインコントロールや残響抑制を搭載した最大24時間連続通話可能な会議用スピーカーフォン「Anker PowerConf」レビュー - GIGAZINE

LEDディスプレイ搭載で時計にもなる小型スマートスピーカー「Amazon Echo Dot with clock」レビュー - GIGAZINE

LED目覚ましにBluetoothスピーカー/FMラジオ/ワイヤレス充電器/睡眠導入サウンドなど詰め込みまくったAnker「Soundcore Wakey」レビュー - GIGAZINE

AIが声だけでなくディスプレイでもあらゆる情報を教えてくれるAmazonの最新スマートスピーカー「Amazon Echo Spot」レビュー - GIGAZINE

最大2台のスピーカーで同時に音を楽しめるAnkerのBluetoothトランスミッター&レシーバー「Soundsync A3341」レビュー - GIGAZINE

人工知能Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」開封の儀&実際に使ってみた - GIGAZINE

Amazon EchoやGoogle Homeに「寄生」させると好きな言葉で起動できるようになる「Project Alias」 - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.