ハードウェア

最新のApple Watchには「USB電源アダプタ」が付属しないことが判明、iPhone 12も同様の可能性


Appleは2020年9月16日に開催した新製品発表イベントで、Apple Watchの最新モデルを発表。同時に「新型Apple Watchの一部にはUSB電源アダプタをつけない」ことを明かしました。その理由についてAppleは、「環境への負荷を軽減するため」と説明しています。

Apple is still bundling a power adapter with new Apple Watch Edition and Hermès - The Verge
https://www.theverge.com/2020/9/15/21438719/apple-watch-series-6-se-power-adapter-bundle-hermes

Appleが9月16日のイベントで発表した、Apple Watchの最新モデル「Apple Watch Series 6」と、エントリーモデル「Apple Watch SE」については、以下の記事に詳しく書かれています。

「Apple Watch Series 6」が登場、手首で血中酸素濃度の測定が可能に - GIGAZINE


Apple Watchに2万円台のお手頃価格モデル「Apple Watch SE」が登場 - GIGAZINE


Appleは新製品発表イベントの中で、Apple Watch Series 6とApple Watch SEにはUSB電源アダプタが付属しないことを発表しました。


IT系ニュースサイトThe Vergeはこの変更について、「USB電源アダプタがなくなると、新しいApple Watchのユーザーは電源に差し込むデバイスで充電できなくなりますが、その代わりにワイヤレスで充電するカスタムApple Watchケーブルを受け取れます」と述べて、Apple Watchに付属する充電用のパーツは磁気充電ケーブルのみになるとの見方を示しました。


The Vergeによると、Appleの環境・政策・社会イニシアティブ担当バイスプレジデントであるリサ・ジャクソン氏は、USB電源アダプタを付属させない理由について「環境への影響を軽減するため」と説明しているとのことです。

しかし、環境への配慮は表面的な理由に過ぎないとの指摘もあります。経済誌Bloombergの記者であるマーク・ガーマン氏はTwitterで、「Apple Watchのチタニウムケースのモデルや、エルメスとのコラボレーションモデルであるApple Watch Hermèsはまだ電源アダプタがつくと考えられます。つまり、より高価なバージョンには電源アダプタが維持されるということです。そのため、環境よりコスト主導の変更なのではないでしょうか」と述べました。


ガーマン氏はまた、2020年10月に発表されるiPhone 12にもUSB電源アダプタが付属しない可能性をほのめかすツイートを投稿しています。


かねてから、iPhone 12には電源アダプタやイヤホンなどが同梱されない可能性があると報じられていました。

AppleがiPhone 12にイヤホンやアダプタを同梱しない可能性 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Apple Watch Series 6」が登場、手首で血中酸素濃度の測定が可能に - GIGAZINE

Apple Watchに2万円台のお手頃価格モデル「Apple Watch SE」が登場 - GIGAZINE

AppleがiPhone 12にイヤホンやアダプタを同梱しない可能性 - GIGAZINE

iPhone 12はアクセサリなしで販売されるもののiPhone 11よりも高額になる可能性 - GIGAZINE

3万円台で購入可能な第8世代iPadが登場 - GIGAZINE

新型iPad Airが登場、iPad Proと同じ新デザイン採用&カラフルなバリエーション - GIGAZINE

「Apple Watch Series 6」が登場、手首で血中酸素濃度の測定が可能に - GIGAZINE

Apple Watch Series 6や新型iPad Airなどが発表されたAppleの新製品発表会まとめ - GIGAZINE

Appleが9月15日にイベント「Time Flies」を開催、Apple Watch&iPadの発表か - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.